< 2018年06月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2010年03月09日

TOKYO MARUI GLOCK 26






今回は、東京マルイの「GLOCK 26」のご紹介です。








実銃は、グロックシリーズの最小モデルですね。
使用口径は9x19mmで、装弾数は10+1発となっています。









トイガンとしては初のモデルアップですね。また、このモデルの発売の1年ほどあとにKSCがおなじくG26を、海外メーカーが.40S&W のG27を製作しています。









G26は東京マルイのガスブローバックモデルのなかでも比較的初期のモデルだったとおもいます。
しかしながら、その寸法のわりに作動は快調で、小気味よさがあります。本モデルは発売してすぐに購入したのですが、その快調さに驚きました。
また、通常はフルサイズ→コンパクトという流れが多いとおもいますが、本モデルではG26→フルサイズマガジン→G17というやや珍しいパターンでの発売となったのが、個人的に印象的でした。














同じカテゴリー(東京マルイ [GG])の記事画像
TOKYO MARUI FN HERSTAL FIVE-SEVEN USG
TOKYO MARUI H&K SOCOM Mk23
TOKYO MARUI DETONICS .45
同じカテゴリー(東京マルイ [GG])の記事
 TOKYO MARUI FN HERSTAL FIVE-SEVEN USG (2011-10-23 23:59)
 TOKYO MARUI H&K SOCOM Mk23 (2009-06-28 23:59)
 TOKYO MARUI DETONICS .45 (2009-03-06 23:59)
この記事へのコメント
こんにちは。

写真のフィンガレストの「使い込み感」、良いですね。
VirnaさまはKSCのもお持ちなんですよね。良いなぁ。私も欲しかったのですが、「諸般の事情」で買えなかったんですよ。何かKSCの方が大きさがリアルだとか聞きますし。

実銃は扱いづらいらしいと聞きますが、まぁ、日本人には関係ないことですね(笑)。
それにしてもグロックって20年くらいこの形とは、凄いですよね。刻印ナシで外観だけでモデル当てられる人って(フレームの世代とかも)いるのでしょうか(笑)。
Posted by 浮雲亭 at 2010年03月10日 22:16
こんばんは、M1Aです。

マルイのG26は、サイズに反した高性能に驚かされました。

発売当時、サバイバルゲームにもよく参加していましたが、よくフィールドで見かけましたね。

撃ち出したBB弾が、25m以上飛んでいくのは爽快でした。

更新頑張って下さい、それでは失礼します。
Posted by M1A at 2010年03月10日 22:17
浮雲亭さま、こんばんは。

フィンガーレストの塗装はげについては・・・、しばらくお気に入りで手元に置いておいた時期がありまして、しかも結構 雑に扱っていたため、このようになってしまいました。
KSCのG26は東京マルイ製とは異なる「存在感」があってよいですよ。でも、刻印がアレなのがなんとも・・・。

実銃グロックはフレームくらいならなんとかかもですが、口径の多さとそれに伴い微妙に異なる外寸ととなると、わたしにはモデルナンバーがないと絶対にわからないですね~(ナンバー刻印があってもピンとこないかもですケド・・・)。
Posted by VirnaVirna at 2010年03月13日 00:12
M1Aさま、こんばんは。

東京マルイ・G26はサイズの割に作動は快調ですが、実射性能もよいんですね~。
G17を所有していない身で言うのもなんですが、G19も出してほしいものです。
Posted by VirnaVirna at 2010年03月13日 00:17
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。