< 2017年07月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2008年10月04日

B.W.C. WALTHER P990







今回は、B.W.C.の「WALTHER P990」のご紹介です。









実銃のご紹介は、以前にSIISのP990で簡単にしておりますので、よろしければそちらもご覧ください。









トイガンとしては、前出SIISのそれとともに2種類のモデルアップとなります。本モデルは台湾KWC製作のものをB.W.C.が輸入したもののようですので、日本メーカーの設計によるモデルアップはないことになります。









どのような経緯があるのかちょっとわからないのですが、本モデルにはきっちりワルサーバナーが入っています。
刻印については、いつものように、またあしたに続きます。











  

Posted by Virna at 23:59Comments(4)B.W.C. [GG]

2008年02月15日

B.W.C. GLOCK 32C






今回は、初登場 B.W.Cの「GLOCK 32C」です。









実銃はG17シリーズのコンパクトモデルに位置するモデルで、.357SIGを使用しています。プラス、Cモデルということで、スライド上部とバレルにコンペンセイター用の穴が開けられていますが、以前にご紹介したG18Cとは穴の形状が異なりますね。









G32は日本ではモデルアップされておらず、唯一のモデルということになります。元々は台湾KJ 社のものをB.W.C. が日本向けに仕様を変更し輸入したもので、そのKJ のモデルは東京マルイをベースにしているとのことで、ちょっと逆輸入的な存在ともいえますかね。









各部の作りはなかなかで、日本メーカーのものと比べて大きな遜色はないかとおもいます。なによりモデルアップされていないものを作ってくれるのはありがたいことです。









正直、刻印部が変わっていれば別のモデルとおもえる類の人間ですので、こういう展開には弱いです。商売としてはなかなか厳しいものがあるとおもわれますが、今後も継続してこういう商品展開をしていってほしいものです。







  

Posted by Virna at 23:59Comments(4)B.W.C. [GG]