< 2017年04月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2008年01月21日

TANIO KOBA H&K VP70M






今回はタニオコバの「H&K VP70M」の登場です。









実銃は、独H&K社が'70年に開発したもので、VPは「Volks Pistole(国民拳銃)」の略だそうです。おもな特徴としては、一般的なショートリコイルではなく、ストレートブローバック方式を採用している点。それ故にスライド重量を稼ぐ必要からスライドが大きくなり、全体的な寸法が大きくなっている点。初のポリマーフレームオートである点などが挙げられます。また、専用のストックを付けることで3点バースト射撃が可能になるという画期的な拳銃でもあります。









トイガンとしては、かつてMGCより、ある意味「伝説的」なモデルガンが発売されていました。本モデルは、その設計をした小林太三氏が20年の時を経てリベンジ(リメイク)したものです。









再現度という点では、きっとおそらくよい出来なのだとおもいます。そもそものデザインによるかとおもいますが、元々の大きさが全体的に間延びした感をおぼえさせ、またある種「近未来的」なデザインがかえって実際以上の古臭さを感じさせるような気もします。なんというか、人気がありそうでない理由が判ろうというものです。









さんざんな書きっぷりですが、これはトイガン自体の完成度を評しているのではありませんので、念のため。ガスガンとしての機能はちゃんと備えています。気温が高ければ、ストックを付けての動作は非常におもしろいです。
また、この機種をモデルアップしてくれたのは、ありがたいことです。ほかでは作ってくれないですよね。商業的にどうだったのかはわかりませんが、当初予定していたとおもわれるバリエーション展開を、ぜひお願いしたいものです。





  

Posted by Virna at 23:59Comments(2)タニオコバ [GG]