< 2023年02月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴四半世紀ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2023年01月31日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。前回の年始のご挨拶からはや一箇月。Gun Professionals誌の3月号が発売となりましたので、定例の感想記事をお届けします。

2023年3月号は特集記事はなしでした。
実銃記事では、「SIG SAUER P238」のバリエーションの多さに驚きました。このあたりはガスガンでは苦しいのかもしれませんが、海外メーカーがチャレンジしてもおかしくない充実度におもえます。
「S&W チーフスペシャル スクエアバット」は順当な記事ですね。タナカのモデルガン化を待っています。
「コルト モデル1877 ライトニングリボルバー」の追記補足からのHWS広告記事には言葉もなく。まさかモデルガン化されるとはでした。詳報が楽しみです。


トイガン関係では、やはりというかタナカ S&W M19 6インチモデルのアナウンスがありましたね。ガスガン先行なのはややもどかしい面もありますが、遠からずモデルガン版を販売してくれることを期待しています。
A!CTIONのリバティチーフ用ホルスター製作は、なんというか懐かしい雰囲気があります。'80年代くらいにはこういう展開も珍しくなかったようにおもいます。広告も見開き2ページになっていて、なんというかメーカーの勢いは感じますね。

10年に一度の寒波とのことで、各所で多くの雪害が発生しました。備えていたとしても、それを越えるような「自然の猛威」の前に、対策を取ることの難しさを感じさせます。せめて起こってしまった天災が人災に転じないようにそれぞれが注意するしかないですね。
わたしは年初に不調を抱えてしまい、日々の体調管理の重要性を痛感させられました。少しでも健やかに趣味のひとときを楽しみたいものです。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2023年01月01日

新年あけましておめでとうございます







みなさま、新年あけましておめでとうございます。

え~、2022年の当ブログは、前年から頑張った(おおむね)週イチでのトイガン紹介記事が500丁達成とともに息切れし、もう4箇月以上頓挫しています。
結果として、トイガン紹介記事は33本となっています。2018年から4年ぶりの「躍進」でしたが、息が切れると酷いですね・・・。まだ糸口すら見つかっていませんが、2023年はなにか新しい切り口も考えたいところです。相変わらず危うい運営となりそうですが、引き続きお付き合いいただければ幸いです。

今年もとうどよろしくお願い申し上げます。では、また。


  
Posted by Virna at 12:00Comments(0)[閑話休題]

2022年12月31日

今年最後のご挨拶







みなさま、こんばんは。
え~、今年もなんとか大晦日まで辿り着きました。
コロナ禍は今年も終熄には至らずで、さらにはロシアのウクライナ侵攻に起因しさらには円安が追い打ちをかけた物価上昇など、振り返るとけして明るくはなく、そして年が明けても晴れやかな気分にはなり切れない状況ではありますが、節目であることは変わりませんので、わたしなりのトイガン関係の総括をさせていただきます。

トイガン業界全般としては、ここ数年と大きな情勢の変化はなかったようにおもいます。
タナカは完全新規ではないものの、うまく過去の資産を活用し、ファンを喜ばせてくれています。ハイパワーは来年に持ち越しとなりましたが、トカレフのバリエーション展開に鑑みるに、これまでとは異なる商品構成を期待してしまいます。
我らがマルシン工業も細かな改良と変わらぬバリエーション攻勢で、我々のサイフの中身を探ってきているようでもあります。そろそろ主要パーツを新規に作ってくれるようなモデルも手にしたいところですね。
KSCにはもうひと頑張りしてほしいのですが、なかなか難しいでしょうか。WAも定番的なモデルの再販が続いており、もう少し力を入れてくれると嬉しいものです。
ハートフォードのプロテクターには驚かされましたが、残念ながら年内の発売には至りませんでした。こちらは来年を楽しみにしています。
A!CTIONは無事C96が出て、ほっとしました。つぎはM27ということで、どのような「かたち」になるか気になるところです。

専門誌は、今年も「Gun Professionals」誌のみの購入でしたが、さらに本体価格が上昇傾向に感じられるのはツライものがありますね。内容が伴っていればまだしもですが、必ずしもそうと言い切れず残念におもっています。

個人的には、夏の終わり近くまで頑張ったトイガン紹介記事が頓挫してしまい、反省の日々を送っています。いえ、秋に仕事が忙しくなってしまいまして・・・。来年は、なんとか・・・ですね。

というところで、総括は以上となります。今年も一年ありがとうございました。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]

2022年12月30日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。早くも年末、2月号を迎えることとなりました。というわけで、年末の滑り込みでGun Professionals誌の感想記事をお届けします。

2023年2月号は「One of My Favorite Guns」として特集記事が組まれています。
実銃記事中では、「S&W モデル19」を堪能。優美なラインが堪らないです。写真で紹介されていた6インチモデルも、タナカには期待したいところです。
「コルト モデル1877 ライトニングリボルバー」も興味深い記事でした。たしかに詳細を知らない銃でしたので、こういう記事はありがたいです。HWSがモデルガン化を手掛けてくれると嬉しいですね。


トイガン関係は、個人的に心惹かれるものはありませんでした。WAのプロキャリーカスタムは気になったのですが、「なにかが違う・・・」気持ちになってしまいました。
いまは来年のタナカの新製品に期待しています。

3年ぶりの行動規制なしの年末年始ということで、ひとの動きも活発なようです。一方、新型コロナウイルスの感染者数が増加に転じているようで落ち着かない面もありますが、折り合いよいところを見つけるしかないというのが実際のところでしょうか。
来年は安心してこの趣味を楽しめることを願っています。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2022年11月30日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。誌面としては1月号です。今月もトイガン紹介記事を忘れたままですが、Gun Professionals誌の感想記事をお届けします。

2023年1月号も特集記事はありませんでした。
実銃記事では「トーラスGX4 T.O.R.O.」が気になりました。デザインというよりサイズ感が個人的なポイントで、このくらいのサイズのトイガンが充実してくれると嬉しいところです。
「ヴォルコーセン ミニマンバ」はなかなか個性的なスタイルですね。トイガン化には向きそうにありませんが、たしかに一度実射をしてみたいものです。


トイガン関係は、やはりタナカのS&W M68 C.H.P First Delivery 6inchでしょうか。ガスガンから待っていましたので、こちらは入手したいです。
おなじくタナカのS&W .38 Chiefs Specialはガスガンからスタートということで、こちらはモデルガン化もお待ちしています。
A!CTIONのモーゼル C96 レッド9は発売なりましたね。別モデルに手を出してしまいましたので未入手ですが、気になっています。

関東では12月に入ると冷え込みが厳しくなるようです。今月は久しぶりに風邪をひいて、自分の体力のなさ痛感しました。
世の中はwith コロナに移行したようですが、なんとかよい塩梅で付き合えているようにもおもえます。治療薬も気になるところですが、はやく安心して会いたい人に会いたいときに会えるような環境になることを祈念しています。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]