< 2020年02月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2020年01月31日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入いたしました。早速ですが、例のごとくの感想記事をお届けいたします。詳細は、本誌にてご確認ください。

3月号は特集なしとなっています。
実銃記事では、「ウイルソンコンバット 92G バーテック」と「ベレッタ92Xパフォーマンス」が取り上げられています。いまとなれば、やや珍しい状況ですね。でも、92系はまだまだ現役と感じさせてくれてよいです。
「マカロフPM」も、いまというタイミングはフシギではありますが、KSCのガスガンを買ったクチとしては嬉しいところ。アレも記事にしないとですね・・・。。

トイガン関係は、安定のタナカ続きではありますが、個人的には若干物足りない気も。ハートフォードのM19再販アナウンスがあったということは、タナカのKフレームモデルガンは、まだですね。

やや暖かい日が続くかと思いきや、激しい降雨もあり油断できない日々となっています。新型コロナウイルスもじわじわと現実味を増してきていて気になるところです。
当ブログは相変わらずの惨状ですが、「春」は訪れるのでしょうか。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2020年01月01日

新年あけましておめでとうございます







みなさま、新年あけましておめでとうございます。

え~と、2019年の当ブログは、これまでも書いておりますとおり惨憺たるものでした。
トイガン紹介記事は前年の38本に対して3本のみ。昨年は何だったのかという停滞ぶり。
「回復」にはもう少しお時間をいただくことになりそうですが、今年もお付き合いいただければ幸いです。
今年もよろしくお願い申し上げます。では、また。


  
Posted by Virna at 12:00Comments(0)[閑話休題]

2019年12月31日

今年最後のご挨拶







みなさま、こんばんは。
え~、今年も早くも大晦日となってしまいました。
令和最初の年の個人的一年間の総括をさせていただきます。

トイガン業界全般は、今年もおおむね変わらずだったでしょうか。
我らがマルシン工業は、一商品あたりにとんでもない種類を用意してくれています。なかなか惹かれる仕様もありますが、ちょっと資金が続かないですね。あと、余計な心配ですが、アレ、販売面は大丈夫なのでしょうか。
タナカも順当な商品展開をしてくれています。Kフレームの再モデルガン化はならずでしたが、2020年に期待ですね。
KSCも新規新製品はありませんでしたが、バリエーション商品の発売はいくつかありました。また、ハートフォードのナガン M1895は今年も持ち越しでした。WAは・・・、すでに別の領域に行ってしまってますね。また、なにかドキドキするものを作ってくれれば嬉しいです。

専門誌は「Gun Professionals」誌のみですが、こちらも相変わらずですね。旧Gun誌とは異なった意味で、毎月変化なく思えてしまいます。これは、こちらがトシなのかもしれませんね。

最後にまたもや個人的な話になりますが、今年も予期せぬ異動があり、以来、心身ともにちょっと疲れ気味だったかもです。当ブログでのトイガン紹介記事が少なくなってしまったのは諸々理由があるのですが、いちおう言い訳のひとつとして・・・。

例年以上になんともはやな総括となってしまいましたが、それはそれとして、今年も一年ありがとうございました。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]

2019年12月30日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入しております。早速ではありますが、いつもの感想記事をお届けいたします。詳細は、本誌にてご確認くださいませ。

2月号は、特集として「Caliber.45」となっています。
実銃記事では、「SIG SAUER 1911 TACOPS」は久々にスタンダードなSIG1911を見られた感じがしてよかったです。当ブログでもキンバーネタの次くらいに取り上げるつもりだったのですが、「座礁」してしまっておりますね・・・。
おなじくSIG SAUERの「P250」もよいですね。もうトイガン化されることはなさそうですが、気になるモデルです。P320、P238との写真がぐっときました。
「H&K USP エキスパート」も、記事内のUSPエリートとともに並べてみたくなりますね。

トイガン関係は、タナカのSIG SAUER P226 Mk25でしょうか。細かく改修されているようで、こちらはぜひ入手したいものです。
今年は、タナカのKフレームモデルガン化はならずでしたね。来年は期待しております。

今年は雪が少ないようでスキー場が稼働できないという話も聞こえてきます。都心部で降雪となると厄介なものですが、降らなくてラッキーとはいきませんね。
当ブログはキビシイ状況のまま越年となりました。このあたりについては、またいずれ。というところで、では、また。


  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2019年11月30日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入いたしました。というわけで、いつものように感想記事をお届けします。詳細は、本誌にてご確認ください。

誌面上は年が変わって、2020年の1月号となります。
実銃記事では、「S&W M642CT」がよかったです。実際に撃つとなると怯みそうですが、このサイズ感はよいですよね。
「シュタイアー A2 MF」も気になるところです。その昔、KSCがMシリーズの製品化を企画し、実現しなかったのを思い出します。当時のKSCらしい機種選定だったように思いますが、出ていたらどうのような評価だったのでしょうか。
個人的には「ワルサー TPH .22」もよかったです。微妙に崩れたラインが魅力に思われます。海外メーカーがエアコッキングガンで出していた記憶がありますが、残念ながら未入手です。ハートフォードがモデルガンで出してくれないでしょうか。あとは、「キアッパアームズ M1-9 カービン」の最初のページに一緒に写っていたM9がKSCのガスガンに思われるのが気になるところです。

トイガン関係は今月は少ない印象でした。年末商戦前なのに?という気もしますが、あまり関係ないのでしょうか。
タナカは変わらずKフレームのバリエーションを続けていますね。K-コンプは気になるところですが、写真は肝心なコンプ部分を写しておらず・・・。ほかにコレという新製品もないように思われますので、もう少し丁寧に取り上げてほしかったです。
KSCはTT33に新しいバリエーションを準備しているのでしょうか。続報を期待しております。

12月を前にして、関東地方では数日前から急に寒くなりました。職場の若手は最近の日本には春と秋がないと嘆いていましたが、笑い話で済みそうにないのが怖いですね。
当ブログの更新状況については、まだ躓いております。いずれ、なんとか。というところで、では、また。


  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]