< 2021年01月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ

2021年01月01日

新年あけましておめでとうございます







みなさま、新年あけましておめでとうございます。

え~、2020年の当ブログは急速に勢いが落ちた一年でした。
トイガン紹介記事は6本のみ。前年の3本に比しては・・・ですが、厳しいものがありますね。
記事の準備が進んでいるものもありますので、今年はうまく時間を作らないとです。
今年もよろしくお願いいたします。では、また。


  
Posted by Virna at 12:00Comments(0)[閑話休題]

2020年12月31日

今年最後のご挨拶







みなさま、こんばんは。
え~、今年も大晦日となりました。
全世界的にコロナ禍の大きな影響を受けた一年でしたが、ここでは個人的な一年の総括をさせていただきます。

トイガン業界全般は、今年はなんと言ってもタナカの怒涛の攻勢に尽きるようにおもいます。
P226 MK25、デザートイーグル、M19、P228と基本はこれまでにベースのあるモデルですが、ここまでの手厚い展開は他社を含め近年にないものでした。来年もKフレームのバリエーション展開は期待できそうですし、それ以外にもファンを楽しませてくれるモデルを用意してくれていると期待しています。
KSCは長物とハンドガンのバリエーションになっていますが、そろそろ新しいモデルはあるのでしょうか。WAも一頃の再販路線から脱却の兆しが見えており、今後の展開を楽しみにしています。
我らがマルシン工業は、今年も「豊富」なバリエーション展開でした。ビミョーに力を入れてくれているのが感じ取れて嬉しい限りです。
あ、ハートフォードのナガン M1895は来年に持ち越しですね・・・。

専門誌は「Gun Professionals」誌のみ購入でした。判で押したような機種の記事ばかりになっていた印象ですが、時々おぉとおもう機種選定に当たったりして侮れないことがありました。

個人的に今年は非常に忙しない時期があり、トイガン紹介記事が途切れてしまいました。来年はもう少し頑張りたいです・・・。
というところで、今年も終わりですね。本当に今年も一年ありがとうございました!  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]

2020年12月30日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入しました。というわけで、いつもの感想記事をお届けします。詳細は本誌にてご確認ください。

2021年2月号は「戦闘用小火器」という特集記事が組まれています。しかしながら、特集の機種を見ても選定基準はよくわかりませんでした・・・。
「ベレッタ M9A3」は、いま個人的に「妄想」が高まっていたところなのでタイミング的に嬉しかったです。しかし、この辺りの色目は色指定が出ていないと再現が難しそうですね。
「ベレッタ M1951」もよいですね~。いまとなれば古くも見えますが、やはり独特の味があるなと。もう数年経ったらハートフォードあたりが出してくれないでしょうか。

トイガン関係では、個人的にグッとくるものはありませんでした。
B.W.C.のキンバー LAPD メトロカスタム/RL II は、レールなしと対にして出せばよいのにと一瞬おもいましたが、冷静に考えて揃えるにはなかなか厳しい金額になりそうですね。

冬が来たとおもえば大雪になり・・・。今年は「これまでにない」季節イベントを経験しましたが、年末年始もどこか空虚におもわれます。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2020年11月30日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入しております。早速ですが、いつもの感想記事をお届けします。詳細は本誌にてご確認くださいませ。

2021年1月号も特集記事はなしでした。
実銃記事は「ベレッタAPX」からスタート。目立ってよいところも悪いところもない、フツーのポリマーフレームオートといった評価になるのでしょうか。M84のラインが好きなわたしとしては、なんというか残念な気がしますね。
「ルガー ラングラー」はちょっと目新しかったです。リボルバーにこういう表面処理も悪くないようにおもいました。

トイガン関係は、やはりタナカ・S&W M19 2.5インチですね。順当な展開ですが、次はどうなるでしょうか。あと、P229が出てこなかったのはやや意外でした。年明けの目玉ですかね。
B.W.C.のキンバー ウルトラCDPもグッとくるのですが、相当色々な誘惑に勝てないと届かないであろう価格が壁になっています。すごく魅力なのですが・・・。

いよいよ本格的な冬の到来ですね。仕事に忙しく過ごしていたら、いつの間にか秋も終わってしまっていました。年内にトイガン記事を更新をしたいのですが・・・。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2020年10月31日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入しました。というわけで、いつもの感想記事をお届けします。詳細は本誌にてご確認ください。

12月号も特集はありませんでした。
実銃記事は「コルト ニューパイソン.357マグナム」から。意外に「らしく」見える姿に安心した面も。あえてのトイガン化は望めそうもありませんが、新旧を手元に並べてみたくなりますね。
個人的には「ダン・ウェッソン 1911 ディスクレッション」にぐっときました。こういうツボを押さえた路線には惹かれますね。WAはモデルアップしないでしょうし、してくれてもアレな再現度になりそうなのが悩ましいところです。

トイガン関係は、なんといってもタナカ・S&W M19 4インチとSIG P228 M11の2機種ですね。M19はついにと言うか、ようやく言うべきか悩ましいほどですが、素直に嬉しいです。銃身長違いはもちろんですが、めっきモデルやM10の展開も期待したいところです。さらに言えば、以前はモデルアップされなかったM19の6インチモデルや、できればM15もお願いしたいです。
M11も早い展開に驚きました。P228のレイルドフレームやP229にも期待していますが、いかがでしょうか。
ハートフォードのコルト M1860 アーミー コンバージョンモデルも再販とのことですので、今回は入手したいものです。

季節は急に進み、いつの間にか冬の雰囲気ですね。ふと振り返ってみると、今更ではありますが過ぎる日々の早さに驚かされます。明日から11月。今年も残りはわずかになりました。
当ブログも月イチ更新になってしまっていますので、もう少し頑張りたいとおもっています。では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]