< 2020年04月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2020年03月31日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入しております。早速ですが、読んでみての感想記事をお届けします。詳しくは、本誌にてご確認ください。

5月号は特集なしで「ルガー 57」からスタートです。FNHの5-7につづく5.7×28mm自動拳銃とのことですが、外観でいえば5-7ほどのクセもなく、なかなか興味深い銃のようです。ぜひとも我らがマルシン工業に製品化していただきたいものです。
「SIG SAUER 365 SAS」も気になるところですね。コンシールドキャリーを強く意識したスナッグフリーなデザインは魅力的です。なにより9×19mmで装弾数10発とはおもえないサイズ感。コンパクト好きにはたまらないものがありますね。トイガン化はないかな~と思いつつ、いずれはと期待してしまいます。

トイガン関係では、やはりタナカのSIG P226 MK25 デザートでしょうか。民間向け仕様となるとさらに気になってしまいます。発売時期は未定のようですが、夏までにはきますかね。
さらっと掲載されていた東京マルイのGLOCK 17 Gen4も気になりますね。意外に早く発売されるのか、バリエーション展開はどのタイミングで行われるのか。気の早い話ですが、続報に期待です。

新型コロナウイルスはまさしく未曾有の事態になってしまいました。わたしもするべきことをしていきたいと思います。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2020年02月29日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入してきました。というわけで、いつもの感想記事をお届けいたします。詳細は、本誌にてご確認ください。

4月号は恒例の「SHOT SHOW 2020」の特集となっています。
ショットショーの話題としては、やはりパイソンの復活でしょうか。往年の銘銃の復活は嬉しいものです。一方のS&WはM&Pシリーズばかりで、リボルバーの紹介が少ないのは残念なところです。
「S&W .38/44 ヘビーデューティー」は個人的にツボでした。この雰囲気いいですよね~。トイガンでもいずれ手にしたいものです。

トイガン関係は、今月もタナカスタートですね。リボルバーはペガサスのみなのが残念なところ。モデルガンでも出してほしいものです。

新型コロナウイルスは本当に一大災害になってしまいました。早く収束することを願っています。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2020年01月31日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入いたしました。早速ですが、例のごとくの感想記事をお届けいたします。詳細は、本誌にてご確認ください。

3月号は特集なしとなっています。
実銃記事では、「ウイルソンコンバット 92G バーテック」と「ベレッタ92Xパフォーマンス」が取り上げられています。いまとなれば、やや珍しい状況ですね。でも、92系はまだまだ現役と感じさせてくれてよいです。
「マカロフPM」も、いまというタイミングはフシギではありますが、KSCのガスガンを買ったクチとしては嬉しいところ。アレも記事にしないとですね・・・。

トイガン関係は、安定のタナカ続きではありますが、個人的には若干物足りない気も。ハートフォードのM19再販アナウンスがあったということは、タナカのKフレームモデルガンは、まだですね。

やや暖かい日が続くかと思いきや、激しい降雨もあり油断できない日々となっています。新型コロナウイルスもじわじわと現実味を増してきていて気になるところです。
当ブログは相変わらずの惨状ですが、「春」は訪れるのでしょうか。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2020年01月01日

新年あけましておめでとうございます







みなさま、新年あけましておめでとうございます。

え~と、2019年の当ブログは、これまでも書いておりますとおり惨憺たるものでした。
トイガン紹介記事は前年の38本に対して3本のみ。昨年は何だったのかという停滞ぶり。
「回復」にはもう少しお時間をいただくことになりそうですが、今年もお付き合いいただければ幸いです。
今年もよろしくお願い申し上げます。では、また。


  
Posted by Virna at 12:00Comments(0)[閑話休題]

2019年12月31日

今年最後のご挨拶







みなさま、こんばんは。
え~、今年も早くも大晦日となってしまいました。
令和最初の年の個人的一年間の総括をさせていただきます。

トイガン業界全般は、今年もおおむね変わらずだったでしょうか。
我らがマルシン工業は、一商品あたりにとんでもない種類を用意してくれています。なかなか惹かれる仕様もありますが、ちょっと資金が続かないですね。あと、余計な心配ですが、アレ、販売面は大丈夫なのでしょうか。
タナカも順当な商品展開をしてくれています。Kフレームの再モデルガン化はならずでしたが、2020年に期待ですね。
KSCも新規新製品はありませんでしたが、バリエーション商品の発売はいくつかありました。また、ハートフォードのナガン M1895は今年も持ち越しでした。WAは・・・、すでに別の領域に行ってしまってますね。また、なにかドキドキするものを作ってくれれば嬉しいです。

専門誌は「Gun Professionals」誌のみですが、こちらも相変わらずですね。旧Gun誌とは異なった意味で、毎月変化なく思えてしまいます。これは、こちらがトシなのかもしれませんね。

最後にまたもや個人的な話になりますが、今年も予期せぬ異動があり、以来、心身ともにちょっと疲れ気味だったかもです。当ブログでのトイガン紹介記事が少なくなってしまったのは諸々理由があるのですが、いちおう言い訳のひとつとして・・・。

例年以上になんともはやな総括となってしまいましたが、それはそれとして、今年も一年ありがとうございました。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]