< 2017年05月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2008年12月08日

YONEZAWA COLT M1911A1







今回は、ヨネザワの「COLT GOVERMENT M1911A1」のご紹介です。









実銃は以前にもご紹介しておりますので、割愛させていただきます。
実銃、トイガンともにマスターピースのひとつですね。









本モデルは'90年代初頭に製作されたもので、エンドユーザー向けに作られたものといえそうです。
しかしながら、ハンマーやマグキャッチがライブとなっており、細かなこだわりが見られます。
また、グリップがラバー製になっているのも特徴ですね。エアコッキングガンであることを考えれば、よい選択かもしれませんね。









一方でスライドの刻印はプリントで再現されるなど、割り切った部分もあります。
この微妙なバランスがヨネザワブランドの持ち味かもとおもいました。
というところで、いつものように、またあしたに続きます。











  

Posted by Virna at 23:59Comments(0)ヨネザワ [AG]