< 2017年05月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2008年10月26日

YONEZAWA S&W M61 ESCORT







今回は、ヨネザワの「Smith & Wesson M61 ESCORT」のご紹介です。









実銃は、米S&W社唯一のポケットオートピストルで、使用口径は.22LRです。
最大の特徴は、リコイルスプリングとバレルの位置関係にあります。バレルは通常のモデルとは逆にリコイルスプリングの下に配置されているという特殊な構造となっています。









トイガンとしては、一般市場に出たものとしては唯一ですね。
どちらかというと小口径の銃は市場にアピールしづらそうなのと、元々のモデルが「かっこいい」とはいえなさそうな点を勘案すれば、当然といえるかもしれません。









個人的にはコンパクト物好きとして黙っていられないモデルでしたが、実際に手にするとちょっぴりアレな気がする仕上がりだったりもします。その辺りについては、いつものように、またあしたに続きます。











  

Posted by Virna at 23:59Comments(0)ヨネザワ [GG]