< 2018年12>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2018年12月13日

「フツー」化が生んだ名銃







みなさま、こんばんは。
え~、H&K社と言えば、古参のファンの方にとっては独自性・先進性を追求したメーカーというイメージが強いとおもいます。
初のポリマーフレーム オートであったVP70はまさしく象徴的な銃と言えますが、P7でのスクイズコッカーの採用もその有効性は別として、ファンの心をぐっと掴むことに成功したのではないでしょうか。
そういったH&Kではありましたが、グロック17の成功ののちに発表されたUSPはそれまで採用のなかったティルトバレルを取り入れており、ファンの目にはいかにも「フツー」に見えたこととおもいます。
しかしながら、結果としてH&Kとしては「異色」であったUSPは「フツー」となることにより成功をおさめ、それ以降も発展的展開を見せてゆくのでした。
というわけで、明日以降、タナカ・H&K USP(モデルガン)をご紹介いたします。お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]