< 2018年12>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2018年12月15日

TANAKA H&K USP のつづき






本日は、きのうに続きましてタナカ・H&K USPのご紹介です。








それまでの独創性を前面に出す方針を抑えて製作されたモデルがUSPでしたが、一方でアクセサリーレールやコントロールレバーの採用と、そこここに「らしさ」を感じさせる仕上がりとなっています。
結果としてUSPの販売が伸びたことに当時のH&Kの開発者がどのような想いでいたのか興味深くもあります。









タナカはP226以降、G17、USPにP220とガスガンをだけでなくモデルガンも展開してくれました。
ハイパワーやP08がモデルガン化されなかったのは残念ですが、この理由はモデルガンが下火になっていた時代背景のほか、マルシン工業がモデルガンを発売をしていたことや、あるいは発火には適さなかったからでしょうか。
そういう点では本モデルはUSP唯一のモデルガン化ということで、非常にありがたいものです。KSCがUSP45をモデルガン化してくれたら面白い展開になっていたかもしれませんね。






  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[きのうのつづき]