< 2018年12>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2018年12月27日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。本日、Gun Professionals誌を購入いたしましたので、いつもの感想記事をお届けいたします。詳しい内容は、本誌でご確認をお願いいたします。

2019年2月号は「ミリタリーハンドガンズ」として特集となっています。
またぞろ「SIG P320-M17」が登場しており、またか~という感じがしないでもないです。巻末「編集部から」でその辺りごにょごにょと書かれてはいますが、バックナンバーの項目を見ると隔月でSIGを扱っている状況はなんとも・・・。決してSIG SAUERがイヤなわけではないのですが、バランスも見てほしいものです。

トイガン関係では、やはりタナカ グロック18Cですね。再販かとおもいましたが、よく考えてみるとGEN3フレームでは初のモデルアップでした。これは手に入れたいですね~。
また、同じくタナカのS&W M629 PCはVer.3に。ガスガンとしての機能強化によるバージョンアップのようですが、モデルガンではどうするのでしょうか。そして、Kフレームは置いてけぼりですね・・・。
そして、B.W.C.はミニウージーのモデルガンを開発中とのこと。新規開発のようですが、お値段が気になるところです。発火はしないブログですが、G18Cとともに入手したいものです。

ここのところ急に寒くなってきました。ここ数日、1980年代のGun誌を引っ張り出して読んでいますが、いまとなれば「古典」になるような銃が出てきて面白いです。というところで、では、また。


  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]