< 2019年01>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2019年01月28日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌の感想記事をお届けいたします。記事の詳しい内容は、本誌でお願いいたします。

2019年3月号は特集なし。が、今月はすべてハンドガンの記事になっています。
先月はまたぞろSIG P320?とおもっていましたが、今月はまたもやCZという気がしますね。メタルフレームというのは最近では珍しい気もしますが、素性はよいようですね。メタルフレーム復権となるのでしょうか。
「ブレンテン」は久しぶりの登場ですね。その昔、我らがマルシン工業が固定スライドガスガンの金型を活用したとおもわれる「新製品」のアナウンスをしていましたが、アレはもう復活しないのでしょうか。マルシン工業はまた「活動期」に入ったようですので、このあたりも動き出すとよいのですが。
「M59 & M39」も久々ですね。M59→M459→M5904というのも一度追いかけてみたいなとおもいました。

トイガン関係は、タナカからスタートですね。毎月なんらかの製品を出してくれていますね。以前のモデルもマイナーチェンジをされていてありがたいことです。あとはKフレを・・・。
東京マルイはFNX-45 タクティカルが紹介されていますね。一頃の東京マルイからすると早いリリースとなりそうですね。しかし、グリップとスライドのマークがマルシン工業のそれのようにも見えますね。

今年は暖冬かとおもいきや、きっちり寒くなっていますね。日本海側を中心にかなりの降雪もあるようで、これ以上酷くならないとよいなとおもっています。
個人的なトイガンの話としては、前回の記事でも書いておりますが、ここのところ1911に気持ちがいっており、WAパーツ箱を漁っていたりします。面白いです。というところで、では、また。


  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2019年01月25日

近況報告的な話






みなさま、こんばんは。
え~、言い訳になりますが、年が明けてから例年通り仕事がバタついており、休みこそきっちり取れているものの、やや落ち着かない日々を送っております。そのしわ寄せはトイガン紹介記事に及び、記事作成が追い付いておりません。
というわけで、穴埋め的に最近のトイガン関係のネタを軽く書いて、お茶を濁そうという魂胆ですね。

写真は、いずれトイガン紹介のネタにと、年末に手持ちのWAパーツを漁って組んだものとなります。
お手本とした実銃は「黒」でしたが、手持ちのスライドが銀だったため、あわせてフレームも銀としました。いずれスライドとフレームは黒に変更かな~と考えています。
本体の銀に対してセフティやらのパーツを黒としたのは、最近の個人的な趣味だったりします。ちょっと締まって見えてよいかなとおもっておりますが、いかがでしょうか。







こういう楽しみを与えてくれたのはWAの功績で、いくつものパーツを製作してくれたのはありがたいことです。
個人的な想いとしては、このパーツ群がより容易に手に入るような状態となってくれること理想ですが、なかなか難しいですよね。
さらに言えば、WAの「新製品」も少し落ち着いてきているようですので、ぜひパーツや刻印を選択できる受注生産のような仕組みを作ってくれると嬉しいです。







今回は写真に撮ってはいませんが、ほかにキンバーの別モデルの下準備をしたりして過ごしておりました。こちらもまだまだ時間がかかりますが、ゆっくりと準備をしていきたいと考えています。

というわけで、穴埋め的近況記事をお届けいたしました。
次回のトイガン紹介記事は準備中ですが、またまたちょい古めのオートマチックで行こうかと考えております。というところで、では、また~。




  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]

2019年01月13日

WA KIMBER GOLD COMBAT II (LIMITED EDITION) のおまけ






本日は、WA・キンバー ゴールドコンバット II(リミテッドエディション)のおまけ写真をお届けします。





▲B.W.C.製のグリップパネル
本体にあわせポリッシュ仕上げとなっています







▲めずらしくスライド上面を
トップのセレーションがステキです







▲以前にご紹介したゴールドコンバット II、ゴールドコンバット RL IIと
揃うとなかなかの眺めです



  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[おまけの写真]

2019年01月12日

WA KIMBER GOLD COMBAT II (LIMITED EDITION) のつづき






本日は、きのうに続きまして WA・キンバー ゴールドコンバット II(リミテッドエディション)のご紹介です。








本モデルは『エクスペンダブルズ2 / 原題:THE EXPENDABLES 2(2012)』で使用されたものがベースとなっているようで、キンバーの他モデルに比べやや派手めな仕上がりとなっています。
スライド、フレームともPVD(物理蒸着でしょうか)という加工が施されており耐摩耗性の向上が図られているようです。
スライドはさらにポリッシュ仕上げされており、同じくポリッシュ仕上げされた各種パーツはシルバーとなっていて抜群の存在感を発揮しています。









WAとしてはゴールドコンバット IIは2回目のモデルアップとなりますね。実銃の特徴をうまく取り入れており、前モデルとは違いがあるため一定の訴求力があるように思われます。
また、焼付け塗装はモデルとなる銃を選ぶように思いますが、今回はうまくはまっていますね。
フレームがカスタム TLE IIなどで使われていたものとは異なる型となっているのが残念ですが、このあたりはいずれ合わせてみるのも面白いかな~と考えています。






  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[きのうのつづき]

2019年01月11日

WA KIMBER GOLD COMBAT II (LIMITED EDITION)






今回は、WAの「KIMBER GOLD COMBAT II (LIMITED EDITION)」のご紹介です。








実銃は、米キンバー社製1911のひとつで、ウェブカタログではリミテッドエディションとなっているモデルです。
通常版のゴールドコンバット IIに比較するとフレーム、スライドとも手仕上げによるポリッシュ仕上げとなっているほか、グリップセフティやマグウェルなどのパーツ類がシルバーでアクセントになっています。
また、刻印も書体が強調された特別なものとなっており、全体として限定感を演出しています。









トイガンとしては、B.W.C.がGM-7ベースのモデルガンを製作していました。
ガスガンとしてはWAが唯一となり、前述のリミテッドエディションをモデルとした本モデルのほか、通常のゴールドコンバット IIをベースとしたモデルを製品化しています。









本モデルは、「ゴールドコンバット II / エクスペンダブルズ2」としてモデルアップされたものとなります。
外観ではフロントストラップ上部のハイグリップ加工が施されていなかったりと再現性で甘い箇所もありますが、フレームとスライドは焼付け塗装となっておりよい雰囲気に仕上がっています。
なお、今回のご紹介にあたり、グリップパネルのみB.W.C.製のものに変更しております。









  

Posted by Virna at 23:59Comments(0)WA [GG]

2019年01月10日

「限定」には弱いので







みなさま、こんばんは。
え~、キンバー1911には非常に多くのバリエーションがあり、また当然のことながらラインアップの改廃もあるため、これまでの製品のすべてを把握することはなかなか難しいですね。
なかにはカタログには載らない限定モデルもあるようですので、こちらも油断ができなかったりします。
個人的に「限定」という言葉には弱いため気になるところではありますが、確認してみるとWAの製品のひとつが限定モデルを再現したものでした。これはこれで、ちょっと嬉しかったりしますね。
というわけで、明日以降、WA・キンバー ゴールドコンバット II(リミテッドエディション)をご紹介いたします。お付き合いよろしくお願いいたします。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]

2019年01月02日

MGC H&K P7M13 のおまけ






本日は、MGC・H&K P7M13のおまけ写真をお届けします。






▲グリップ周りを1枚
スクイズコッカーもあり全体のシルエットが太くなっていますね







▲タナカ・USP(MG)のマガジンと一緒に
プレス製でかなりの完成度です







▲最後はまたもやタナカ・USP(MG)と
こうしてみるとP7M13はややコンパクトですね



  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[おまけの写真]

2019年01月01日

新年あけましておめでとうございます







みなさま、新年あけましておめでとうございます。

え~と、2018年の当ブログは数年ぶりの頑張りをみせた年でした。
なんといっても、トイガン紹介記事が2015年の5本、2016年7本、2017年の1本に対して、堂々の38本!!
いや、それまでが酷すぎたにせよ、頑張ったと言ってよいのではないかと。

頓挫していたキンバーシリーズも10丁を紹介するという挽回ぶり。そして、飽きられているのではという想いもよぎりつつ、さらにもう少しだけ続けるつもりというこの「意欲」。
なにが起こったというわけでもありませんが、今年もお付き合いいただければ幸いです。
今年もよろしくお願い申し上げます。では、また~。


  
Posted by Virna at 12:00Comments(2)[閑話休題]