< 2023年02月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴四半世紀ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2023年01月31日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。前回の年始のご挨拶からはや一箇月。Gun Professionals誌の3月号が発売となりましたので、定例の感想記事をお届けします。

2023年3月号は特集記事はなしでした。
実銃記事では、「SIG SAUER P238」のバリエーションの多さに驚きました。このあたりはガスガンでは苦しいのかもしれませんが、海外メーカーがチャレンジしてもおかしくない充実度におもえます。
「S&W チーフスペシャル スクエアバット」は順当な記事ですね。タナカのモデルガン化を待っています。
「コルト モデル1877 ライトニングリボルバー」の追記補足からのHWS広告記事には言葉もなく。まさかモデルガン化されるとはでした。詳報が楽しみです。


トイガン関係では、やはりというかタナカ S&W M19 6インチモデルのアナウンスがありましたね。ガスガン先行なのはややもどかしい面もありますが、遠からずモデルガン版を販売してくれることを期待しています。
A!CTIONのリバティチーフ用ホルスター製作は、なんというか懐かしい雰囲気があります。'80年代くらいにはこういう展開も珍しくなかったようにおもいます。広告も見開き2ページになっていて、なんというかメーカーの勢いは感じますね。

10年に一度の寒波とのことで、各所で多くの雪害が発生しました。備えていたとしても、それを越えるような「自然の猛威」の前に、対策を取ることの難しさを感じさせます。せめて起こってしまった天災が人災に転じないようにそれぞれが注意するしかないですね。
わたしは年初に不調を抱えてしまい、日々の体調管理の重要性を痛感させられました。少しでも健やかに趣味のひとときを楽しみたいものです。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2022年12月30日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。早くも年末、2月号を迎えることとなりました。というわけで、年末の滑り込みでGun Professionals誌の感想記事をお届けします。

2023年2月号は「One of My Favorite Guns」として特集記事が組まれています。
実銃記事中では、「S&W モデル19」を堪能。優美なラインが堪らないです。写真で紹介されていた6インチモデルも、タナカには期待したいところです。
「コルト モデル1877 ライトニングリボルバー」も興味深い記事でした。たしかに詳細を知らない銃でしたので、こういう記事はありがたいです。HWSがモデルガン化を手掛けてくれると嬉しいですね。


トイガン関係は、個人的に心惹かれるものはありませんでした。WAのプロキャリーカスタムは気になったのですが、「なにかが違う・・・」気持ちになってしまいました。
いまは来年のタナカの新製品に期待しています。

3年ぶりの行動規制なしの年末年始ということで、ひとの動きも活発なようです。一方、新型コロナウイルスの感染者数が増加に転じているようで落ち着かない面もありますが、折り合いよいところを見つけるしかないというのが実際のところでしょうか。
来年は安心してこの趣味を楽しめることを願っています。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2022年11月30日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。誌面としては1月号です。今月もトイガン紹介記事を忘れたままですが、Gun Professionals誌の感想記事をお届けします。

2023年1月号も特集記事はありませんでした。
実銃記事では「トーラスGX4 T.O.R.O.」が気になりました。デザインというよりサイズ感が個人的なポイントで、このくらいのサイズのトイガンが充実してくれると嬉しいところです。
「ヴォルコーセン ミニマンバ」はなかなか個性的なスタイルですね。トイガン化には向きそうにありませんが、たしかに一度実射をしてみたいものです。


トイガン関係は、やはりタナカのS&W M68 C.H.P First Delivery 6inchでしょうか。ガスガンから待っていましたので、こちらは入手したいです。
おなじくタナカのS&W .38 Chiefs Specialはガスガンからスタートということで、こちらはモデルガン化もお待ちしています。
A!CTIONのモーゼル C96 レッド9は発売なりましたね。別モデルに手を出してしまいましたので未入手ですが、気になっています。

関東では12月に入ると冷え込みが厳しくなるようです。今月は久しぶりに風邪をひいて、自分の体力のなさ痛感しました。
世の中はwith コロナに移行したようですが、なんとかよい塩梅で付き合えているようにもおもえます。治療薬も気になるところですが、はやく安心して会いたい人に会いたいときに会えるような環境になることを祈念しています。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2022年10月31日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。またもや1箇月ぶりの更新となってしまいました。月日の流れの速さに感嘆しつつ、Gun Professionals誌の感想記事をお届けします。

2022年12月号も特集記事はなし。
実銃記事は、「ワルサー WMP」は、.22WMRを採用した新型オートということで興味津々です。記事中にもあるとおり9mmオートと同等の寸法になっていますが、それだけにコントロールしやすいようで、新しい方向性になるようにおもいます。ガスガンにしろモデルガンにしろ、トイガン化するには向かなそうな口径ですが、ぜひ手にしたいものです。
「グロック43 + イェイガーワークススライド」は、まずG43が欲しいところですが、こういうカスタムスライドが出てくると、トイガンでも期待できるのかななどと夢想しています。


トイガン関係は、タナカのS&W M&P 360は以前のモデルは所有しているものの、HW化ということで気になるところです。M360は久しぶりに新たなバリエーション展開をお願いしたいです。
A!CTIONのモーゼル C96 レッド9は発売が11月下旬になったようですが、専門店では予約も始まっているようで、そろそろという状態ですね。金額が金額だけにおいそれとは手を出しづらいのですが、おそらく購入しちゃいますよね。

関東では冬を感じさせる寒さとなる日もありましたが、この季節らしい過ごしやすい日があると散策くらいは出かけたくなりますね。都内のターミナル駅では明らかにインバウンドという層が増えていることを感じさせますが、円安とあわせてコロナ禍と経済がどうなっていくのかも気になるところではあります。それ以前に、まずは自分のブログの更新を考えるべきかもしれませんが・・・。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2022年09月30日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。1箇月ぶりの更新となりましたが、今月のGun Professionals誌の感想記事をお届けします。

2022年11月号も特集記事はなしですね。
実銃記事では、やはり「S&W パフォーマンスセンター モデル642」が気になるところです。シリンダーのフルート部が磨き上げられている仕様は初めて見ましたが、なかなか興味深い演出ですね。タナカは新型のフレームでM360Jをはじめとする幾つかのモデルを販売していますが、いわゆるボディーガードやセンチニアルモデルには広がりませんでした。また、本モデルのようなバレル形状もモデルアップされていません。新しくフレームを作るのも大変だとはおもいますが、いずれこのあたりも展開してくれると嬉しいです。
「キンバー サファイア ウルトラII」はウェブカタログなどでは知っていましたが、まさか誌面に掲載されるとはおもわず、個人的に嬉しい記事でした。改めて見ると、ハンマーまでスライドと同色で仕上げられており、手が掛かっているのがわかります。さすかにこのあたりはトイガン化は難しそうですね。サファイアのほかにもアメジストや複数のバリエーションがありますので、このあたりも見てみたいところです。

トイガン関係は、A!CTIONのモーゼル C96 レッド9が試作品とはいえ紹介されています。発売は10月末ということで、スケジュールどおりであれば、あと1箇月ほど。販売価格も税込みで49,500円となると、新規モデルとしては健闘しているようにおもいます。ダミーカートモデルに続いて発火モデルも販売予定とのことで、こちらも気になりますね。

新型コロナの感染者数は落ち着きを見せたようですが、続いて発生する台風の影響も大きくこれまで以上に準備が重要になってきますね。
個人的にはこのところ非常に仕事が忙しかったこともあり、結果としてトイガン関係からやや離れた1箇月となりました。当ブログの更新も滞ってしまいましたが、すこし間を置いて改めて更新したいと考えています。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2022年08月31日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入しております。というわけで、いつもの感想記事をお届けします。

2022年10月号は特集記事はなしでした。
実銃記事は、「SIG SAUER P320-XTEN」からですね。本モデルは10mm AUTO仕様だそうです。個人的にはP320シリーズは全容の把握ができなくない状況に陥っていますが、トイガンでもモジュラーフレームが充実してくれれば面白くなりそうだなとおもっています。「SIG SAUER P365-XMACRO」を含めて、今更ながら少し勉強したくなりました。
「S&W CSX」はなんだか車の名称のようですが、メタルフレームの新規設計機種ということで気になる存在ですね。デザイン的にはどこか古さも感じさせる気がするのと、グリップ部にはやはり「木」も欲しいところですが、トイガン化してくれると嬉しいです。
「IWA アウトドアクラシックス2022」の記事では、コルトながらイタリア製とされるキングコブラが。なにかが違う気もしますが、これも時代の流れでしょうか。コルス クラシックツインリボルバーはその発想に感心しました。ネタ銃と言えばそれまでですが、この業界にもまだ見過ごされている可能性があるのかもしれないとおもわされました。

トイガン関係は、タナカのトカレフのバリエーションモデルが紹介されています。このモデル自体はそれほど惹かれなかったのですが、「刻印なし」という点で悪巧みを考えたくなりました。
HWSのパームピストル プロテクターも年内発売予定とのことでお値段やら気になるところです。HWSにはHScに続くモデルをお願いしたいのですが、なかなか難しいでしょうか。

「行動制限なしの夏」は感染者数増を招きましたが、それも含めて新型コロナとの「付き合い方」を考えないといけないのでしょう。
猛暑と豪雨の夏でしたがまだまだ台風も来る季節ですので、自然災害への準備と対策も必要ですね。趣味を楽しめる環境も整えたいところです。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2022年07月31日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入しました。というわけで、月末定例の感想記事をお送りします。

2022年9月号は、「時代を駆け抜けた逸品」が特集テーマとなっていました。選定された機種はともかくとして、やや無理のある特集な気もしますね・・・。
実銃記事は、「CZ75 ショートレール」から。当ブログではたまたまP-09を扱っていたところでしたので、個人的には嬉しいところでした。CZファミリーは全容を把握できなくなっておりますが、もう少しトイガン化されると嬉しいです。
「HK4,VP70,P7 & P9S」も味のあるモデルばかりでワクワクしますね。HK4やP7あたりは一周回って、そろそろどこからかモデルガン化されないものか密かに期待しています。
「ワルサー ストレートブローバックの系譜」もこういうかたちで体系的に見たことはなかったので、興味深いものがありました。やはりPPのデザインの秀逸さは抜きんでているようにおもわれます。

トイガン関係は、既報のとおりタナカの五四式自動拳銃が記事になっています。こういうバリエーションが出てくるとは意外でした。わざわざグリップパネルも変更しているあたりはタナカの本気が伺えます。紹介ページで本体の下にある箱は外箱でしょうか。であれば、こちらも非常に気合の入っているものですね。
個人的にはそろそろKフレームモデルガンの新しいバリエーションも見たいところです。

ア!クションの広告ページには今月も驚かされました。CAWとの共同企画とのことで発売は確実そうですね。11月発売予定になっていますが、先月広告出稿していたS&W M27(12月発売予定)は大丈夫でしょうか。こちらも続報がほしいですね。

GWに続き行動制限なしの夏を迎えています。足元の感染者数は増加の一方ですが、これも新しい世の中の在り方なのかもしれません。
もう少し「心配」せずに過ごすことができればよいのですが、まずは日々の対策をしていくしかないですね。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2022年06月29日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入いたしました。というわけで、今月の感想記事をお送りします。

2022年7月号も特集記事はありませんでした。
実銃記事では「ワルサー PDP」が気になるところです。操作性を向上させたというスライドはかなり厳つい印象で、フレームに比べても存在感があり、ややアンバランスな印象も受けました。改めてP99からの流れで見ると、すでにPPQでもその傾向があったようです。たまたま最近P99を手にしていましたので、記事にはちょっと嬉しくなりました。PPQは海外メーカーがガスガンを作っていましたが、PDPはどこかでモデルアップされるのでしょうか。
続いた記事での「FN Five-seveN MRD」は、その様変わりぶりに驚きました。グリップ部分には「面影」がありますが、全体的には別物のようですね。こちらもどこかでトイガン化してほしいものです。

トイガン関係では、やはりタナカ・トカレフ TT-33ですね。以前にメーカーからアナウンスがありましたが、7月に発売の運びとなったようです。最近のタナカらしく発火しての作動性・耐久性にも力を入れているようですので、発火派の方にも期待の製品ですね。
個人的に気になったのは、おなじくタナカの.357マグナム Wキャップカートリッジの記事ですね。カートリッジ自体も気になるのですが、それ以上にカートが入ったシリンダーに目が行ってしまいました。.357マグナムでカウンターボアード加工されたシリンダー・・・。おそらくストラウプかなとおもいつつ、「次」のKフレームリボルバーだったらという妄想が捗りました。そろそろKフレームのステンレスモデルも期待したいところですね。

関東では暑い日が続いており早くも梅雨明けとのことで、またもや「例年」とは異なる状況となっています。なかなか気の抜けない日が続いていていますが、趣味に触れる時くらいは自分のペースで楽しみたいところです。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2022年05月31日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入しております。というわけで、いつもの感想記事をお送りします。

2022年7月号も特集記事はなしでした。20式は特集記事ではないものの、今月の中心的な記事のようではあります。
実銃記事では、最近登場回数が多い気がしているワルサーの「Q5 Match SF」からスタート。P99が好きなわたしとしては、PPQ以降もマルゼンから発売となることを期待していましたが、残念ながら難しそうな状況です。次号ではPDPが取り上げられるようなので、こちらも楽しみにしています。
「SIG SAUER P210キャリー」はこうなりましたか~という気もしますが、スライド後端あたりには面影があり、これはこれで気になるところです。SIGに手厚いタナカに頑張ってほしいですが、それならまずはP210-1からということになるのでしょうか。
「ベレッタ84BB」もステキでした。当ブログでちょうどM8000からPx4とご紹介したところでしたが、やはりこの頃のベレッタは美しいですね。。

トイガン関係は、タナカのペガサスSAAのリニューアルが見開きで紹介されています。タナカのモデルガンは多く購入しているもののペガサス搭載機種は久しく手にしていない身ですが、こういったかたちで改良を加えてくれているのは素直にありがたいとおもいます。
個人的にはHWSのパームピストルに興味津々です。この数日前にブログで発表がありましたが、やはり新規の新製品は嬉しいものです。一方で、やや穿った見方ですが、サイズ感としてあまり大きいモデルを製作しづらい環境ということではないとよいなともおもっています。

今月の驚きはア!クションの広告ページですね。S&W M27が12月発売予定となっています。リバティチーフの販売価格を勘案するとやや怖くもありますが、楽しみな選定であることには変わりありませんね。今後の情報を期待して待つことにします。

3年ぶりの制限なしのGWということでしたが、その後の感染者数も落ち着いているようです。例年にない暑い日が続き今年の夏もおもいやられますが、体調に気を配りつつ趣味を楽しみたいところです。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2022年04月27日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入してきました。今月はいつもより早いですが、例のごとく感想記事をお送りします。

2022年6月号も特集記事はなしですね。
実銃記事では「XD-S Mod.2 OSP」のサイズ感が気になりました。トイガンには向かないサイズでしょうが、仕上げの感じはまさしくトイガン的。徹底的にシェイプしたようで、ぜひ手にしてみたいとおもいますね。
「S&W M29-3」も最近リボルバー熱が再発している身には魅力的に映ります。こうしてみると6インチ銃身も悪くないとおもうあたりは現金な感じもします。こういう仕様違いも並べてみたいとおもってしまうのは、すでにビョーキなのでしょうか。
「コルト コマンドー」もイイですね。密かに狙ってたりします。ハートフォードあたりがモデルアップしてくれると嬉しいのですが、いろいろと難しいですかね。

トイガン関係では、今月もタナカメインでした。順当とも言えるS&W PC M327 R8 2インチの登場ですが、これに続くものがあるかも気になります。

まもなくGW突入ですね。3年ぶりに規制のないGWとのことで、なんとなく解放感があるようにもおもわれます。
明るい話ばかりではありませんが、すこしゆっくり過ごすことができるとよいなとおもっています。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]