< 2022年09月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴四半世紀ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2022年08月31日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入しております。というわけで、いつもの感想記事をお届けします。

2022年10月号は特集記事はなしでした。
実銃記事は、「SIG SAUER P320-XTEN」からですね。本モデルは10mm AUTO仕様だそうです。個人的にはP320シリーズは全容の把握ができなくない状況に陥っていますが、トイガンでもモジュラーフレームが充実してくれれば面白くなりそうだなとおもっています。「SIG SAUER P365-XMACRO」を含めて、今更ながら少し勉強したくなりました。
「S&W CSX」はなんだか車の名称のようですが、メタルフレームの新規設計機種ということで気になる存在ですね。デザイン的にはどこか古さも感じさせる気がするのと、グリップ部にはやはり「木」も欲しいところですが、トイガン化してくれると嬉しいです。
「IWA アウトドアクラシックス2022」の記事では、コルトながらイタリア製とされるキングコブラが。なにかが違う気もしますが、これも時代の流れでしょうか。コルス クラシックツインリボルバーはその発想に感心しました。ネタ銃と言えばそれまでですが、この業界にもまだ見過ごされている可能性があるのかもしれないとおもわされました。

トイガン関係は、タナカのトカレフのバリエーションモデルが紹介されています。このモデル自体はそれほど惹かれなかったのですが、「刻印なし」という点で悪巧みを考えたくなりました。
HWSのパームピストル プロテクターも年内発売予定とのことでお値段やら気になるところです。HWSにはHScに続くモデルをお願いしたいのですが、なかなか難しいでしょうか。

「行動制限なしの夏」は感染者数増を招きましたが、それも含めて新型コロナとの「付き合い方」を考えないといけないのでしょう。
猛暑と豪雨の夏でしたがまだまだ台風も来る季節ですので、自然災害への準備と対策も必要ですね。趣味を楽しめる環境も整えたいところです。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2022年07月31日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入しました。というわけで、月末定例の感想記事をお送りします。

2022年9月号は、「時代を駆け抜けた逸品」が特集テーマとなっていました。選定された機種はともかくとして、やや無理のある特集な気もしますね・・・。
実銃記事は、「CZ75 ショートレール」から。当ブログではたまたまP-09を扱っていたところでしたので、個人的には嬉しいところでした。CZファミリーは全容を把握できなくなっておりますが、もう少しトイガン化されると嬉しいです。
「HK4,VP70,P7 & P9S」も味のあるモデルばかりでワクワクしますね。HK4やP7あたりは一周回って、そろそろどこからかモデルガン化されないものか密かに期待しています。
「ワルサー ストレートブローバックの系譜」もこういうかたちで体系的に見たことはなかったので、興味深いものがありました。やはりPPのデザインの秀逸さは抜きんでているようにおもわれます。

トイガン関係は、既報のとおりタナカの五四式自動拳銃が記事になっています。こういうバリエーションが出てくるとは意外でした。わざわざグリップパネルも変更しているあたりはタナカの本気が伺えます。紹介ページで本体の下にある箱は外箱でしょうか。であれば、こちらも非常に気合の入っているものですね。
個人的にはそろそろKフレームモデルガンの新しいバリエーションも見たいところです。

ア!クションの広告ページには今月も驚かされました。CAWとの共同企画とのことで発売は確実そうですね。11月発売予定になっていますが、先月広告出稿していたS&W M27(12月発売予定)は大丈夫でしょうか。こちらも続報がほしいですね。

GWに続き行動制限なしの夏を迎えています。足元の感染者数は増加の一方ですが、これも新しい世の中の在り方なのかもしれません。
もう少し「心配」せずに過ごすことができればよいのですが、まずは日々の対策をしていくしかないですね。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2022年06月29日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入いたしました。というわけで、今月の感想記事をお送りします。

2022年7月号も特集記事はありませんでした。
実銃記事では「ワルサー PDP」が気になるところです。操作性を向上させたというスライドはかなり厳つい印象で、フレームに比べても存在感があり、ややアンバランスな印象も受けました。改めてP99からの流れで見ると、すでにPPQでもその傾向があったようです。たまたま最近P99を手にしていましたので、記事にはちょっと嬉しくなりました。PPQは海外メーカーがガスガンを作っていましたが、PDPはどこかでモデルアップされるのでしょうか。
続いた記事での「FN Five-seveN MRD」は、その様変わりぶりに驚きました。グリップ部分には「面影」がありますが、全体的には別物のようですね。こちらもどこかでトイガン化してほしいものです。

トイガン関係では、やはりタナカ・トカレフ TT-33ですね。以前にメーカーからアナウンスがありましたが、7月に発売の運びとなったようです。最近のタナカらしく発火しての作動性・耐久性にも力を入れているようですので、発火派の方にも期待の製品ですね。
個人的に気になったのは、おなじくタナカの.357マグナム Wキャップカートリッジの記事ですね。カートリッジ自体も気になるのですが、それ以上にカートが入ったシリンダーに目が行ってしまいました。.357マグナムでカウンターボアード加工されたシリンダー・・・。おそらくストラウプかなとおもいつつ、「次」のKフレームリボルバーだったらという妄想が捗りました。そろそろKフレームのステンレスモデルも期待したいところですね。

関東では暑い日が続いており早くも梅雨明けとのことで、またもや「例年」とは異なる状況となっています。なかなか気の抜けない日が続いていていますが、趣味に触れる時くらいは自分のペースで楽しみたいところです。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2022年05月31日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入しております。というわけで、いつもの感想記事をお送りします。

2022年7月号も特集記事はなしでした。20式は特集記事ではないものの、今月の中心的な記事のようではあります。
実銃記事では、最近登場回数が多い気がしているワルサーの「Q5 Match SF」からスタート。P99が好きなわたしとしては、PPQ以降もマルゼンから発売となることを期待していましたが、残念ながら難しそうな状況です。次号ではPDPが取り上げられるようなので、こちらも楽しみにしています。
「SIG SAUER P210キャリー」はこうなりましたか~という気もしますが、スライド後端あたりには面影があり、これはこれで気になるところです。SIGに手厚いタナカに頑張ってほしいですが、それならまずはP210-1からということになるのでしょうか。
「ベレッタ84BB」もステキでした。当ブログでちょうどM8000からPx4とご紹介したところでしたが、やはりこの頃のベレッタは美しいですね。。

トイガン関係は、タナカのペガサスSAAのリニューアルが見開きで紹介されています。タナカのモデルガンは多く購入しているもののペガサス搭載機種は久しく手にしていない身ですが、こういったかたちで改良を加えてくれているのは素直にありがたいとおもいます。
個人的にはHWSのパームピストルに興味津々です。この数日前にブログで発表がありましたが、やはり新規の新製品は嬉しいものです。一方で、やや穿った見方ですが、サイズ感としてあまり大きいモデルを製作しづらい環境ということではないとよいなともおもっています。

今月の驚きはア!クションの広告ページですね。S&W M27が12月発売予定となっています。リバティチーフの販売価格を勘案するとやや怖くもありますが、楽しみな選定であることには変わりありませんね。今後の情報を期待して待つことにします。

3年ぶりの制限なしのGWということでしたが、その後の感染者数も落ち着いているようです。例年にない暑い日が続き今年の夏もおもいやられますが、体調に気を配りつつ趣味を楽しみたいところです。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2022年04月27日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入してきました。今月はいつもより早いですが、例のごとく感想記事をお送りします。

2022年6月号も特集記事はなしですね。
実銃記事では「XD-S Mod.2 OSP」のサイズ感が気になりました。トイガンには向かないサイズでしょうが、仕上げの感じはまさしくトイガン的。徹底的にシェイプしたようで、ぜひ手にしてみたいとおもいますね。
「S&W M29-3」も最近リボルバー熱が再発している身には魅力的に映ります。こうしてみると6インチ銃身も悪くないとおもうあたりは現金な感じもします。こういう仕様違いも並べてみたいとおもってしまうのは、すでにビョーキなのでしょうか。
「コルト コマンドー」もイイですね。密かに狙ってたりします。ハートフォードあたりがモデルアップしてくれると嬉しいのですが、いろいろと難しいですかね。

トイガン関係では、今月もタナカメインでした。順当とも言えるS&W PC M327 R8 2インチの登場ですが、これに続くものがあるかも気になります。

まもなくGW突入ですね。3年ぶりに規制のないGWとのことで、なんとなく解放感があるようにもおもわれます。
明るい話ばかりではありませんが、すこしゆっくり過ごすことができるとよいなとおもっています。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2022年03月30日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入しておりますので、いつもの感想記事をお送りします。

2022年5月号も特集記事はなしでした。
実銃記事は「S&W パフォーマンスセンター M&P R8」からスタート。タナカのモデルガン発売に合わせての記事ですね。かなり攻めたデザインになっていますので好みは分かれそうですが、トイガンとしては大いにアリだとおもいます。
「1911 RONIN」も個人的に気になるところです。いまのWAでは中途半端な再現になりそうですが、トイガン化のハードルはそれほど高くなさそうなデザインですのでモデルアップを期待したいところです。

トイガン関係では、今月もタナカは控え目ですね。件の限定モデルの生産とHW樹脂自体の供給の影響があるのかもしれませんね。ハイパワーの続報が気になるところです。
個人的にハートフォードのNo.3 デリンジャー オールシルバーに惹かれています。そういえば、以前に購入した「黒」が未紹介ですね・・・。

今月号の表紙は「定番」的な写真で、ある意味安心感を持って手にすることができました。そういう印象を持つのも、年を取ったことの証左なのかもしれませんね。新しいモノも受け入れねば・・・。

まん延防止等重点措置は解除されたものの、感染者数は横ばいといったところでしょうか。他方、先だっての地震もあり、桜の季節を迎えても先行きはそうまだ薄曇りのようにおもわれます。明るい気持ちで趣味を楽しめる心持ちになれる日を待ち望んでいます。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2022年02月28日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入してきました。というわけで、いつもの感想記事をお送りします。

2022年4月号は特集記事はないものの、「SHOT SHOW 2022」に52ページが割かれています。
もうそんな時期かと毎年おもう「SHOT SHOW」ですが、もうひとつの課題が様々な新製品についていけない自分がいること。気になるモデルもあるのですが、そうそうトイガン化も望めない気がするのも一因でしょうか。
個別の実銃記事では、「ワルサー PDP」のぴしっとしたラインが気になりました。もうPPQもリプレースされる時期なんですね。P99からの意匠を残しつつ、時代の要請に合わせて全体のラインが変わっていく様も興味深いですね。
「ベレッタ 21A ボブキャット コバート」もコンパクト好きには堪らないものがあります。それなりの金額にはなりそうですが、どこかがモデルガン化してくれると嬉しいですね。

トイガン関係は、タナカのS&W PC M&P R8から。いよいよ8連のシリンダーですね。1機種のみは寂しい気もしますが、新しいシリンダーを作ってくれたのは嬉しいところです。ここからのバリエーション展開も期待していますし、Kフレームの次の機種も気になるところです。個人的にはM19の6インチも待っています。

今月号の表紙は先月までとは異なり、Gunプロ誌らしいものに。ハイパワーが表紙に来るのは順当なところではありますね。タナカのハイパワーも続報が楽しみです。

国内はコロナ禍第6波が続いていますが、ウクライナでは悪い方向に一気に事態が進んでしまいました。事態がどのように推移していくのか注視していく必要がありますね。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2022年01月31日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入しております。早速ですが、毎月の感想記事をお送りします。

2022年3月号は特集記事はなし。手にした際に「薄くなった?」かとおもいましたが、1月号とおなじページ数でした・・・。
実銃記事では「SA-35」が気になるところ。実銃も悪くないようで、なんらかのムーブメントを起こすのではないかという期待もありますね。トイガンファンとしては、ハイパワーに関するタナカの続報を心待ちにしています。
「デザートイーグル .50AE」はやはりロマンですね。タナカには10インチバレルを検討していただければ嬉しいです。その後バリエーションモデルの話も出ていないようですが、ぜひロマン枠で継続してほしいですね。
「ミロク リバティチーフ」も意外な話でした。当然タイアップ記事とおもっていましたので、そんな偶然があるものかと。なんにせよ、ア!クションの今後の展開には注目ですね。

トイガン関係では、今月はタナカが抑え目な印象です。いえ、きっちり毎月商品を出してくれているのでありがたいのですが、最近の「攻勢」からそのような印象になりました。最近の毎月の楽しみは、タナカの新製品情報になっています。
エランのゴールドカップ コマンダーは、グリップセフティが・・・。なかなか超えられない壁になっていますね。

今月号の表紙もちょっと定番とは異なりますね。なにが「正解」かはわかりませんが、古いGun誌も時折毛色を変えたような表紙がありましたし、これもゆらぎの一つでしょうか。

年が明けて、またもやコロナ禍で窮屈な状況になっていますが、以前ほどに暗いイメージを感じないのは、慣れか諦観か、あるいはトンネルの向こうに明かりが見えている感じなのでしょうか。いずれにせよ事態はよい方向に向かっているとおもいたいです。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2021年12月29日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入しました。毎月の感想記事をお送り・・・するまえに。
今月の本誌の定価が1,980円。創刊時の定価は1,200円でした。ほぼ10年という時間の流れを加味しても、この差はふと考えさせらました。

気を取り直して、2022年2月号は「キャリバー.44」が特集記事に。映画「ダーティーハリー」公開 50周年記念とのことです。やや唐突感のあるお題ではありますが、この界隈では影響力の大きい映画であるのは事実ですね。
実銃記事は「コルト アナコンダ2021」からスタート。米国内で入手できないためコルトの親会社となったCZ社の本拠地であるチェコ共和国で取材という奇策には驚くとともに世の流れを感じたり。実銃は正当に進化していて悪くないようですね。デザイン的にまとまりすぎてぐっとくる個性が感じられない気もしますが、この辺りも仕方のないところでしょうか。一方で、「初代アナコンダ」は、印象として不恰好に見えるところが魅力に感じたり。
それらに対して「S&W M29」はやはり魅力たっぷりに見えるのは、想い入れの差なのかもしれませんね。でも、やはり何度見てもエレガントに見えます。
特集から外れますが、「SA-35」も気になるところです。くだんのタナカのハイパワーのアップデートにも期待したいところです。

トイガン関係は、やはりタナカが頑張っています。M66 PC 3インチ F-コンプは、ガスガンの流れを考えれば想像できましたが、意外に早いモデルアップですね。「次」の製品も期待しています。
東京マルイのSAAもなかなかよくできているようです。カートリッジも新しく開発されたようで、力の入れ具合が伺えます。新しい市場を開拓できるのかも気になりますね。

今月号はなんというか表紙が独特でした。個人的には、Gun誌を引き継いで、どこか新年号らしさを感じさせる写真を期待していましたが、ちょっと印象は異なりました。冒頭にも書いたとおり、初見ではハードルを感じさせる本体価格になっていますが、発刊10年という節目をどのように迎えるのか気になるところではあります。

世の中は2年ぶりとなる「年末年始」を迎え、やや浮足立っているようにおもわれます。本来なら「そういう時期」としてなんとなく許される傾向ではあるのですが、足元では新型コロナウイルスの感染者数も増加傾向にあり、先行きは気になってしまいますね。
当ブログとしてはペースを崩さずトイガン紹介記事を掲載していきたいと考えておりますので、引き続きお越しいただければ幸いにおもいます。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(4)[Gun専門誌]

2021年11月30日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入しております。というわけで、毎月の感想記事をお送りします。詳細の内容の確認は本誌にてお願いします。

2022年1月号も特集記事はありませんでした。
実銃記事ではやはり「モデル65 ストラウプカスタム」でしょうか。世代的なものなのかわたし自身はPPCカスタムに想い入れはないのですが、タナカが再現する元銃ということで、気になる存在ではあります。正直、購入したいというほどに強い気持ちはないのですが、おそらく一時代を熱狂させたであろうモデルは興味深いですね。
「マカロフピストル」の記事ではKSCのガスガンの存在をおもいだしました。アレ、まだ紹介記事にしていませんでしたね。KSCはマカロフをモデルガン化してくれないでしょうか・・・。

トイガン関係は、今月もタナカから。S&W M15 コンバットマスターピース 4インチは個人的に待望のモデルです。このスマートなバレルを待っていました。
M19 PC 3インチ K-コンプは意外ながらも嬉しいモデルアップ。タナカがKフレームを順調にモデルアップしてくれているのは非常に嬉しいです。できれば、M15、M10とも2インチのモデルアップもお願いしたいところです。しかしながら、ページ構成上仕方ないのかもしれませんが、この2機種で1ページというのは残念なところです。トイガンはアームズ誌でというスタンスなのかもしれませんが、もう少し写真を増やして丁寧な記事にしてほしいものです。
ア!クションのリバティチーフは別枠で記事になっていました。記事中の「今後5年間でおよそ15機種のモデルガンを開発する予定」という文言には驚かされましたが、純粋に今後の行方が気になるところです。

懸念されていた「第6波」は感染者数の面ではいまのところその兆候もなく、世の中は個人的にはやや性急かとおもわれる程のスピードで「日常」を取り戻す動きに向かっているようです。「オミクロン株」の出現が世界にどのような影響を与えるのかも気になりますね。
個人的な話としては、秋口から週一でのトイガン紹介記事掲載をしておりましたが、仕事上で配置転換があったこともあり、しばらくバタバタしてしまいそうです。もう少し継続できればとはおもっていますが、ブログがまた「静か」になりましたら申し訳ありません・・・。トイガン紹介のネタとなるモデルのストックは多少あるので、できる限り続けていきたいですね。というところで、では、また。


  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]