< 2022年09月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴四半世紀ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2022年08月19日

B.W.C. SMITH & WESSON SW1911SC E-SERIES






今回は、B.W.C.の「SMITH & WESSON SW1911SC E-SERIES ROUND BUTT SCANDIUM FRAME」のご紹介です。








実銃は米S&W社が2011年頃から販売しているモデルです。銃身長は4.25インチで所謂コマンダーサイズとなっています。
使用弾薬は当然の頃ながら.45ACPで、装弾数は8+1発。
外観と特徴としてはS&Wオートでは見慣れたスケイルドパターンのスライドのセレーションとともにラウンドバット化されたフレーム端部が挙げられます。









トイガンとしては唯一のモデルアップですね。
WAはSW1911を皮切りにいくつかのモデルを製作しており、スタンダードなScも販売していましたが、ラウンドバット化されたモデルには至っていませんね。
B.W.C.では最近やや仕様を変えて再販しており、ある種定番的なモデルとなっていると言えそうです。









スライドのセレーションでS&Wらしさを前面に出しつつ、スライドとフレームの2トンで洒落た感じを演出し、グリップをラウンドバット化することで握りやすさという実用性を感じさせるという見事な表現力はひと頃のS&Wにはない余裕を感じさせますね。
B.W.C.でも数々の1911オートを作成してきたこともあり非常に手慣れた感じで、その再現性の高さはたしかな技術力の裏付けがあってこそだとおもいます。
B.W.C.のモデルはそのこだわりから販売価格も高くすぐには手が出せないのが正直なところですが、このような珠玉のモデルを販売してくれているのは非常にありがたくおもっています。









  

Posted by Virna at 23:59Comments(0)B.W.C.[MG]