< 2018年12>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2018年12月14日

TANAKA H&K USP






今回は、タナカの「Heckler & Koch USP」のご紹介です。








実銃は、独Heckler & Koch社のポリマーフレーム オートとなります。使用弾薬は9x19mm、装弾数は17+1発です。
ポリマーフレームを採用としたオートマチックピストルとしては、グロック社のG17が先行していますが、ポリマーフレームをはじめて採用したのは同社のVP70であり面目躍如となるモデルと言えそうです。









USPのトイガン化で先行したタナカですが、モデルガンを製作してくれたのも同社のみとなります。
元々USPはモデルガンでの製作が先にアナウンスされていましたが、WAのマグナ登場以降ガスブローバックというジャンルが新たな転機を迎えていた時代ということもあってか、市場に先行して投入されたのはガスブローバックモデルでした。









そういったタナカ・USPですが、本モデルはハイパフォーマンスモデルとしてリニューアルされたものとなります。
初代のモデルガンは以前にご紹介しておりますが、本モデルはそこから発火用に改良を加えられ、さらに新素材を採用したモデルとなります。
新素材の詳細は不明ですが、ABS並みの強度を保ちつつHW樹脂と同程度の比重ということで、モデルガン向きの素材のようです。
本モデルが発売されて1年半ほど経ちますが、いまのところ同素材を使用したモデルのアナウンスはありません。今後も使用されていくとおもいますのでラインアップが楽しみです。









  

Posted by Virna at 23:59Comments(0)タナカ [MG]