< 2019年04月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2010年04月23日

WA KIMBER PRO TLE/RL II のつづき


WA KIMBER PRO TLE/RL II のつづき



本日は、きのうに続きましてWA・キンバー ステンレス PRO TLE/RL II のご紹介です。



WA KIMBER PRO TLE/RL II のつづき




やや意外とおもったのですが、本モデルはWAのキンバーシリーズ初のコンパクトモデルとなっています。
WAはSISシリーズの製作アナウンスのときも、ウルトラキャリーサイズは発表されましたが、プロサイズはラインアップにありませんでしたね(結局、ウルトラも製作されませんでしたが・・・)。
残念なのはスライド部分で、実物とくらべてスライド横のセレーションの幅が狭いですし、スライド後端のチェッカリングは不要だとおもいます。
他モデルからの流用というのは仕方のないことですが、試作ラインということもありますし、後加工でセレーションを入れるというような対応をしてほしいところです。




WA KIMBER PRO TLE/RL II のつづき




また、本モデルは、前回までにご紹介のローデッドチャンピオンとおなじ月に販売となっていまして、その月のラインアップを見た時は、コマンダーづいているな~という印象を持ったことをおぼえています。
キンバー初のコマンダーサイズがレール付きのTLE/RL II ベースとなったのは、レールなしだとローデッドチャンピオンとの棲み分けができないという販売戦略上の理由があったのかもしれませんね。
さらにいえば、ステンレスモデルの再現となったのも同様の理由からなのかも、です。
・・・それにしても、やっぱりスライド部分が気になりますね~。




WA KIMBER PRO TLE/RL II のつづき




同じカテゴリー([きのうのつづき])の記事画像
WA KIMBER PRO CDP II のつづき
WA KIMBER ULTRA CDP II のつづき
WA KIMBER GOLD COMBAT II (LIMITED EDITION) のつづき
MGC H&K P7M13 のつづき
TANAKA H&K P8 のつづき
TANAKA H&K USP のつづき
同じカテゴリー([きのうのつづき])の記事
 WA KIMBER PRO CDP II のつづき (2019-02-23 23:59)
 WA KIMBER ULTRA CDP II のつづき (2019-02-09 23:59)
 WA KIMBER GOLD COMBAT II (LIMITED EDITION) のつづき (2019-01-12 23:59)
 MGC H&K P7M13 のつづき (2018-12-30 23:59)
 TANAKA H&K P8 のつづき (2018-12-22 23:59)
 TANAKA H&K USP のつづき (2018-12-15 23:59)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。