< 2022年09月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴四半世紀ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2022年07月23日

TOKYO MARUI H&K HK45 TACTICAL のつづき


TOKYO MARUI H&K HK45 TACTICAL のつづき



本日は、きのうに続きまして東京マルイ・H&K HK45 タクティカルのご紹介です。



TOKYO MARUI H&K HK45 TACTICAL のつづき




USSOCOMの次世代拳銃選定プログラムに提示されたHK45ですが、開発にあたりラリー・ヴィッカースとケン・ハッカーソンとが設計に携わったこともあり、完成度の高いモデルに仕上がっているようです。
人間工学に基づいてデザインされたグリップのパターンは好みが分かれそうですが、全体的にH&Kらしいまとまりがあり好感が持てます。




TOKYO MARUI H&K HK45 TACTICAL のつづき




本モデルも東京マルイ製らしく、そつなく仕上がっている印象です。
本モデルではスレッデッドバレルを活かしてサプレッサーが付属しているのがポイントでしょうか。個人的にサプレッサーが活きるような状況はないのですが、それでも意味もなく取り付けてみたくなりますね。
個人的には.45ACPを採用したHK45は競作になったものの、VP9(SFP)は国内メーカーからモデルアップがないのは残念なところです。
H&Kのハンドガンは魅力的なものが多いので、もう少し充実してくれることを願っています。




TOKYO MARUI H&K HK45 TACTICAL のつづき



同じカテゴリー([きのうのつづき])の記事画像
TANAKA SMITH & WESSON M500 8-3/8inch のつづき
B.W.C. SMITH & WESSON SW1911SC E-SERIES のつづき
B.W.C. CZ CZ100 のつづき
KSC CZ CZ75 2nd のつづき
KJ WORKS CZ P-09 DUTY のつづき
MARUZEN WALTHER P99 のつづき
同じカテゴリー([きのうのつづき])の記事
 TANAKA SMITH & WESSON M500 8-3/8inch のつづき (2022-08-27 23:59)
 B.W.C. SMITH & WESSON SW1911SC E-SERIES のつづき (2022-08-20 23:59)
 B.W.C. CZ CZ100 のつづき (2022-08-13 23:59)
 KSC CZ CZ75 2nd のつづき (2022-08-06 23:59)
 KJ WORKS CZ P-09 DUTY のつづき (2022-07-30 23:59)
 MARUZEN WALTHER P99 のつづき (2022-07-16 23:59)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。