< 2022年09月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴四半世紀ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2022年08月26日

TANAKA SMITH & WESSON M500 8-3/8inch






今回は、タナカの「SMITH & WESSON M500 8-3/8インチ」のご紹介です。








実銃は、米S&W社がカートリッジメーカーとタッグを組んで開発したビッグボア・ハンドガンですね。
この銃のために開発された.500 S&W マグナム弾は.44マグナム弾の3倍近いパワーということで、同様に新規開発されたXフレームの頑強さとともに、まさしく世界最強というに相応しいモデルとなっています。
発売当初はかなりのバックオーダーを抱えるほどの人気ぶりだったようで、S&Wの新たなアイコンと言えますね。









トイガンでは、タナカがモデルガンとガスガンとでモデルアップしています。
このようなインパクトのあるモデルは少し前なら競作となりそうですが、残念ながら他メーカーから販売される気配はありません。
細かいところで言えば、大型モデルは使用する金型が大きくなり部材も増えるであろうため、簡単には製品化には踏み込めないのかもしれませんね。









タナカでは実銃同様にバリエーションを用意してくれており、実銃の「個性」がトイガンのバリエーションに結びついていることを感じられます。
一方で、最近は再販もされている印象がないのが惜しいところです。
S&Wのウェブサイトを見ると新しいバリエーションがラインアップに加わっていましたので、タナカにも再販とともに新規バリエーションもお願いしたいです。









  

Posted by Virna at 23:59Comments(0)タナカ [MG]

2022年08月25日

それは変化点として







みなさま、こんばんは。
え~、世の中には変化点と呼べる状況があるかとおもいます。実銃の世界においてもそういうモデルがあるようにおもいます。
例えばH&Kにおいては、それまでP7M13のようにギミック的にもやや尖っていたモデルが多かったものの、USPになってスタンダードなモデルになったことでユーザーを広げることに繋がりました。
一方で、コルトやベレッタは、ともに米軍制式採用拳銃という輝かしいモデルを開発していますが、偉大すぎる栄光は「次」のモデルを生むには障壁となっている面があります。
S&Wも同様にリボルバーもオートマチックも法執行機関に採用された過去はあるものの、グロックシリーズのヒットの後にはシグマ SW40Fという迷走気味なモデルを発表し「落日」をおもわせる時期がありました。
しかしながら、その後2003年にはSW1911とともに、新しい柱となるモデルを生み出すことができたのでした。
というわけで、明日以降、タナカ・S&W M500 8 3/8インチをご紹介いたします。お付き合いよろしくお願いいたします。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]

2022年08月22日

B.W.C. SMITH & WESSON SW1911SC E-SERIES のおまけ2






本日もB.W.C.・S&W SW1911SC Eシリーズのおまけ写真をお届けいたします。





▲スライド上面にはセレーションあり
チャンバー部の「45AUTO」が誇らしげです







▲勢いで余剰パーツ(ESのスライドとPDのフレーム)を集めて組んだWA・SW1911PD「風」との写真を
フレームのがっしり感が違います







▲SW1911PD「風」ももう少し手を掛けて、再度並べてみたいです



  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[おまけの写真]

2022年08月21日

B.W.C. SMITH & WESSON SW1911SC E-SERIES のおまけ






本日は、きのうに続きましてB.W.C.・S&W SW1911 Eシリーズのおまけ写真をお届けします。





▲グリップパネルにもスケイルドパターンが
印象に残る意匠です







▲グリップ背面下部はラウンドバット化されています







▲エクスターナルエキストラクターもよいアクセントになっています



  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[おまけの写真]

2022年08月20日

B.W.C. SMITH & WESSON SW1911SC E-SERIES のつづき






本日は、きのうに続きましてB.W.C.・S&W SW1911SC Eシリーズのご紹介です。








他社向けに1911オートのフレーム、スライドを製造していたS&Wが2003年に満を持して自社ブランドで販売を開始したのがSW1911シリーズとなります。
そこからはS&Wらしく数々のバリエーションを展開しており、当ブログでもWAがモデルアップしたもののほか、あじゃさまに再現していただいたアジャスタブルサイトモデルタクティカルレイルモデルをご紹介しています。
そういった中で、本モデルは再現が難しいモデルとなっていますので、トイガン化は嬉しいですね。









B.W.C.ではGM-7をベースにいくつかのメーカーの1911オートを展開しており、本モデルもそのひとつとなっています。
Gun マガジン誌ではパフォーマンスセンター版の紹介もされていましたが、B.W.C.はこちらもラインアップに加えていますね。
最近は再現性も高くなった分、販売価格も比例してしまっているのがツライところですが、今後も魅力的なモデルを手掛けていっていただきたいものです。






  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[きのうのつづき]