< 2020年02月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2019年05月31日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入してまいりました。というわけで、いつもの感想記事をお届けいたします。記事の詳細は、本誌にてご確認ください。

2019年7月号も特集はありません。
実銃記事は「ブラウニング ハイパワー Tシリース」からスタート。個人的にハイパワーに気持ちが動きかけていたタイミングだったので、ちょうどよかったです。
「ヘッケラー&コッホ P30L」と「SIGザウアー P238」も気になるところです。どちらもトイガン化は望めそうもないですが、こうして記事になるのはありがたいことです。

トイガン関係は、今月もタナカから。SIG P220 IC アーリーは先月に続いてややマニアックモデルアップですが、これがモデルガンだったらと思わないでも・・・。あ、先月もおなじことを書いてますね。
もうひとつ驚きはS&W M19 Ver.3ですね。いよいよのKフレームのバージョンアップ。モデルガンも続いてくれるでしょうか。来月以降も期待です。
タニオ・コバのチャンピオンオペレーターも気になりますね。比べるのもなんですが、B.W.C.よりお手頃に感じてしまいます。

GWが終わると急に暑くなりました。九州では梅雨入りということで、夏が近付いてきているのを実感しています。というところで、では、また~。


  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2019年04月30日

祝!! ブログ開設12周年!







みなさま、こんばんは。
おかげさまをもちまして、本日、当ブログは開設12年を迎えることができました! なんと干支一回りです。
今年も無事、周年記念の日を迎えることができ、安堵と感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。

この1年の集計としましては、昨日までで総アクセス数:1,761,218、記事総数:1,587、コメント総数:1,917、掲載トイガン数は449となっております。つぎのトイガン紹介記事は節目になりますね。
ちなみに、このうちガバ系は12丁増の172丁、ガバ度は38.3%です。これは「キンバーの旅」によるもので、増分すべてがキンバーですね・・・。

1年間の更新回数は137回となっております。おぉ、意外に更新していますね。
なお、ご紹介したトイガンは27丁で、それなりに多岐に渡るご紹介となっていたように思われます。
ここ2箇月ほどトイガン紹介記事がありませんでしたが、また月2回くらいはトイガン紹介記事を書きたいと考えております。
今後も当ブログをご覧いただければ幸いです。というところで、では、また。  
Posted by Virna at 23:59Comments(2)[閑話休題]

2019年04月28日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは~。今月もGun Professionals誌を購入してまいりましたので感想記事をお届けいたします。記事の詳細な内容は、本誌にてご確認ください。

2019年6月号も特集はなし。今月のトピックとしては床井氏&神保氏の復活でしょうか。
今月は東京マルイの新製品にあわせるようにFNX-45 タクティカルが第1記事となっています。米軍制式採用の座を逃したものの、その存在感はやはり抜群ですね。東京マルイがモデルアップをしたのももっともなところです。
「コルト ボーダーパトロール」も魅力的なところです。いや~、いずれCAWのトルーパーで再現をと思っておりましたので、本体を見られたのはありがたいことです。

トイガン関係は、今月もタナカから。P220 P75は嬉しいところですね。・・・これがモデルガンなら、と思わないでもないですが。
また、ハートフォードのナガン モデル1835も粉体造形で記事になっていますね。今年こそは発売になるのでしょうか。

先月は春の到来を感じていましたら、GWにもかかわらず北海道、東北では降雪とのことです。ちょっとなんとも言えない気候になってしまっていますね。というところで、では、また。


  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2019年03月31日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌の感想記事をお届けいたします。記事の詳細は、本誌にてご確認くださいませ。

2019年5月号は特集はなく、今月もハンドガンのみとなっています。
今月はSIG SAUER P290が表紙&第1記事になっています。P22×シリーズはクラシックラインとしてフェードアウトしていくのかと思っていましたが、勢いを戻してきているようですね。ぜひトイガンでも復活してもらいたいものです。タナカがモデルガンを作ってくれても嬉しいですし、KSCがガスガンで最新仕様をモデルアップというのでもありがたいです。
個人的に嬉しかったのは「PPS M2 LE」ですね。このサイズ感はステキです。マルゼンが頑張ってくれれば・・・という想いもありますが、KSCはこのくらいのサブコンパクトというサイズもうまく仕上げてくれそうなので、ぜひとも頑張ってほしいところです。

トイガン関係は、今月もタナカからスタート。しかしながら、Kフレームには辿り着かないところも定例的ですね・・・。
気になるモデルはあれど、それほど目新しい情報はありませんでした。

桜の開花もあり、すっかり春の装いになっています。テレビやネット記事で散見された「平成最後の~」も本日まででしょうか。
本ブログに関していえば、1箇月以上トイガン紹介記事を出していないことを反省しております。そろそろ・・・ですね。というところで、では、また。


  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2019年02月28日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入してきましたので、いつもの感想記事をお届けいたします。詳しい内容のご確認は、本誌でお願いいたします。

2019年4月号は、SHOT SHOWが特集となっています。これはもう毎年の風物詩ですね。個別の
昨年もおもったことですが、一頃に比べ1911クローンが減った印象ですね。まあ、記事の取り上げ方もあるかとおもいますので実際のところは不明ですが。
個人的にはコルトのキングコブラが復活しているもののデザイン的にはアレだったり、ポリマーフレームオートのバリエーション展開に付いていけなかったりと、やや年齢を感じる事態に・・・。
その他実銃記事としては、また「P320-M17」が。う~ん、やはり出番が多過ぎないですかね。編集方針と言われればそれまでですが、もうすこし時間を空けてもよいのでは、とおもってしまいますね。

トイガン関係は安定のタナカから。以前からすれば、タナカが毎月取り上げられるのは凄いことだな~と。
KSCのM93R モデルガンの再販もありがたいところ。以前のものがあるので今のところ購入しておりませんが、いずれ手を出してしまいそうです。
B.W.C.のS&W SW1911SC Eシリーズ 2機種も非常に気になりますが、わたしにはちょっと手が・・・。いや、でもステキですね。

関東圏は今年は積雪もなく春を迎えそうですね。当ブログは季節にかかわらずマイペースに進んでおります・・・。というところで、では、また。


  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]