< 2022年09月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴四半世紀ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2022年08月30日

祝!! 掲載トイガン500丁達成!


祝!! 掲載トイガン500丁達成!




みなさま、こんばんは。
え~、早速ですが、前回までにご紹介しました「タナカ・S&W M500」で、当ブログの掲載トイガン数が500丁となりました!

顧みれば前回の450丁達成から早くも2年4箇月程度経過しています。400丁→450丁の際の4年7箇月ほどではありませんが、それなりの日数を要してしまいました。
なんとか節目の回数に辿り着くことができまして、正直なところ安堵しています。


では、節目のタイミングでの傾向分析ですが、500丁現在 モデルガン199丁(39.8%)に対し、ガスガン287丁(57.4%)。450丁達成時につづきモデルガンの比率が増加傾向です。これはもうタナカ製品を集中的に購入した結果ですね。
しかし、モデルガンをあと1丁紹介していればという想いも拭いきれませんね・・・。

トイガンメーカー別ではWAの1位(118丁)は揺るがずで、タナカ77丁、我らがマルシン工業が62丁、KSC 55丁となっています。メーカー別では、ひと頃のWAの1911展開が根強く1位維持ですね。タナカも変わらず2位を獲得していますが、同社の最近のモデルガンの力の入れ具合に拠るところが大きいです。
ちなみに「あじゃカスタム」が15丁(+α)です! これは本当に嬉しいです!!

実銃メーカー別ではS&W 101丁、コルト 90丁、キンバーとベレッタがともに37丁で3位にキンバーが浮上。やはりタナカのリボルバーが熱かったのと、「キンバーの旅」が地味に効いています。キンバーはほぼ1911クローンのみにもかかわらずこの数字は驚きです。
また、リボルバーは104丁で、わずかに比率上昇。タナカの元気さの影響がここにも。
一方でガバ率は183丁、36.6%と若干ダウン。リボルバーの伸長の裏返しですね。


というところで、節目の500丁の総括は以上となります。
週イチでのトイガン紹介を続けることができれば理屈としては550丁記念記事はおおむね1年後になる筈ですが、これまでの時点で素材違いや色違いにインチ違いも大量投入しての500丁達成ですので、そろそろ本当にネタも乏しい状況になっています。
というわけで、週イチでのトイガン紹介はお休みし、以前のようにゆっくりとしたペースで更新を続けていければとおもっています。
怠惰なブログではありますが、今後ともお付き合いいただければ幸いです。では、また。


同じカテゴリー([閑話休題])の記事画像
それは変化点として
ひとつの頂きに近い
これも徒花でしょうか
もうひとつの系譜
新しい風を感じました
あえての現実的な選択とも
同じカテゴリー([閑話休題])の記事
 それは変化点として (2022-08-25 23:59)
 ひとつの頂きに近い (2022-08-18 23:59)
 これも徒花でしょうか (2022-08-11 23:59)
 もうひとつの系譜 (2022-08-04 23:59)
 新しい風を感じました (2022-07-28 23:59)
 あえての現実的な選択とも (2022-07-21 23:59)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。