< 2018年11月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2018年10月25日

憧れを手に







みなさま、こんばんは。
え~、前回までにベレッタ 92FSをご紹介いたしましたが、このモデルは米軍の制式採用拳銃となった後に改修されたものであり、このトライアル以前から92シリーズをご存じだった方にとっては、92SBこそスタンダードですよね。
わたし自身はM9/92Fから入ったクチでしたが、その後に92SBを知り、イタリアのメーカーらしい優美なラインに憧憬に似た想いを持ったものでした。しかしながら、その時期には完成品としての92SBをリリースしているメーカーはなく、なかなか手にすることはできませんでした。
そして、すこし後に我らがマルシン工業がキットモデルを販売、さらに完成品を加えてくれたため、ようやくにも手にすることができました。
というわけで、明日以降、マルシン工業・ベレッタ 92SBをご紹介いたします。お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。



同じカテゴリー([閑話休題])の記事画像
輝きの陰にあるもの
いまだ冷めやらぬ
基本に立ち返る
気高き猛禽
穴埋め別撮写真
背景の背景的な話
同じカテゴリー([閑話休題])の記事
 輝きの陰にあるもの (2018-11-08 23:59)
 いまだ冷めやらぬ (2018-11-01 23:59)
 基本に立ち返る (2018-10-04 23:59)
 気高き猛禽 (2018-09-20 23:59)
 穴埋め別撮写真 (2018-09-15 23:59)
 背景の背景的な話 (2018-09-13 23:59)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。