< 2018年11月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2018年08月31日

CAW GLOCK 18(GEN2)






今回は、クラフトアップルワークス(CAW)の「GLOCK 18(GEN2)」のご紹介です。








実銃は、オーストリア軍の対テロ特殊部隊の要請で開発されたマシンピストルとなります。
G17と基本的には同じ仕様ながら、セレクターの切り替えによりセミ/フルが選択できるものとなっています。
外観の特長としては、スライド後部のセレクターのほか、軽量化を目的とした肉抜きスライドから覗けるバレル上部のガスポートが挙げられます。









トイガンとしては、モデルガンではタナカがGEN2フレームでバレルが延長されたタイプをモデルアップしています。また、ガスガンではGEN2をMGCが、GEN3のG18CをKSCと東京マルイがモデルアップしていますね。
機能を盛り込む必要はあるものの、例えばM93Rとは違い、ベース銃であるG17のパーツを流用しながらセミ/フルのセレクティブファイアというギミックが楽しめる点においては、まさしくトイガン向きと言えそうですね。









本モデルは、タナカのモデルガンをベースにカスタム品として販売されたものになります。
当時トイガンショップであったCAWがメーカーとして発売したはじめてのモデルだったと記憶しています。
残念ながら発火させたことはありませんが、タナカに先駆けてG18がモデルアップされたことで、当時非常にドキドキしましたが、その価格に手が出なかったことを覚えています。
なお、本モデルはスライドとバレルは所謂G18Cの形状になっていますが、フレームはGEN2となっています。このようなモデルが実銃にあるのかは不明ですが、当時としてはやむを得ないところではありますね。













同じカテゴリー(CAW [MG])の記事画像
CAW  COLT M1911A1 .45 Auto
CAW S&W MODEL 3 SCOFIELD
CAW COLT 61 NAVY
CAW COLT 51 NAVY
同じカテゴリー(CAW [MG])の記事
 CAW COLT M1911A1 .45 Auto (2008-08-31 23:59)
 CAW S&W MODEL 3 SCOFIELD (2008-01-13 23:59)
 CAW COLT 61 NAVY (2008-01-11 23:59)
 CAW COLT 51 NAVY (2008-01-10 23:59)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。