< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2018年07月21日

TANAKA S&W M&P360 1-7/8inch のつづき






本日は、きのうに続きまして タナカ・S&W M&P360 1-7/8インチのご紹介です。








実銃は、小型リボルバーのマスターピースとなっているM36の系譜に連なるものと言えます。
M36発売当初はスチール製でしたが、軽量化と強度とを追求した結果、スカンジウム合金の採用となったようです。
名銃「ミリタリー&ポリス」の名を冠しており、軍や法執行機関への採用を期してのネーミングとなっています。
S&WではM&Pという名称でオートマチックハンドガンやAR-15クローンも展開していますね。









セラコート塗装や充実した刻印群に目が向いてしまいますが、作動性もよく再現されています。ダブルアクションで引き金を絞ると雰囲気抜群で、満足感を覚えます。
モダンリボルバーをモデルアップしてくれるのはタナカのみとなっているのが現状ですので、ぜひ今後も色々と製作していってほしいものです。









同じカテゴリー([きのうのつづき])の記事画像
MKK BERETTA 92FS のつづき
WA-base KIMBER GRAND RAPTOR II のつづき
WA KIMBER RAPTOR II のつづき
CAW GLOCK 18(GEN2) のつづき
TANAKA GLOCK 17(GEN2) のつづき
TOKYO MARUI S&W M&P9 4-1/2inch のつづき
同じカテゴリー([きのうのつづき])の記事
 MKK BERETTA 92FS のつづき (2018-10-06 23:59)
 WA-base KIMBER GRAND RAPTOR II のつづき (2018-09-22 23:59)
 WA KIMBER RAPTOR II のつづき (2018-09-08 23:59)
 CAW GLOCK 18(GEN2) のつづき (2018-09-01 23:59)
 TANAKA GLOCK 17(GEN2) のつづき (2018-08-25 23:59)
 TOKYO MARUI S&W M&P9 4-1/2inch のつづき (2018-08-18 23:59)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。