< 2019年04月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2015年05月08日

WA STURM RUGER SR1911 のつづき






本日は、きのうに続きまして WA・STURM RUGER SR1911のご紹介です。








本銃は数ある1911クローンのなかでも比較的スタンダードな構成となっています。このあたりは、自社の既存モデルのラインを取り入れたSIG ARMSのGSRとは異なりますね。一方で、細かなこだわりが感じられて、個人的にはなかなか魅力的なモデルでした。いかにもな刻印の多さも個人的なツボだったりします。
実はというほどでもありませんが、このモデルの製作がWAでアナウンスされる前にあじゃさまに製作を打診したことがありました。再現に必要なパーツを検討したりと微妙に計画していたのですが、結果としてはWAがモデルアップしてくれました。しかも、それなりの再現度でしたので、これはうれしい誤算でした。









これ自体は喜ばしいことですが、個人的に残念な箇所もありました。
それがトリガーでして、これは先述の「計画」時にも課題となっていたことでした。WAのモデルアップではGSRのトリガーが使われておりまして、似てはいるのですが、異なるんですよね(実銃のトリガーはともにGriender Precision製のようです)。
どこをこだわりのポイントとするかは人それぞれだとおもいますが、このモデルに関してはわたしのこだわりはトリガーだったわけですね。
今回はこのトリガーを再現してのご紹介となっております。加工いただいた方のご希望により「とある方」とさせていただきますが、このようなこだわりを再現していただいたことを感謝しております。本当にありがとうございます。









同じカテゴリー([きのうのつづき])の記事画像
WA KIMBER PRO CDP II のつづき
WA KIMBER ULTRA CDP II のつづき
WA KIMBER GOLD COMBAT II (LIMITED EDITION) のつづき
MGC H&K P7M13 のつづき
TANAKA H&K P8 のつづき
TANAKA H&K USP のつづき
同じカテゴリー([きのうのつづき])の記事
 WA KIMBER PRO CDP II のつづき (2019-02-23 23:59)
 WA KIMBER ULTRA CDP II のつづき (2019-02-09 23:59)
 WA KIMBER GOLD COMBAT II (LIMITED EDITION) のつづき (2019-01-12 23:59)
 MGC H&K P7M13 のつづき (2018-12-30 23:59)
 TANAKA H&K P8 のつづき (2018-12-22 23:59)
 TANAKA H&K USP のつづき (2018-12-15 23:59)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。