< 2019年04月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2015年03月03日

念のため、の話


念のため、の話




みなさま、こんばんは。
え~、昨日の記事でGun Professionals誌の記事に「あじゃカスタム・コルト グリズリー」がさらっと取り上げられた話を書きました。基本的には「光栄なこと」であるとは今でもおもっておりますが、一方で若干の戸惑いがあったのも事実であります。
そのひとつが当該記事の文章でして「KSCのキングコブラのフレームにタナカのガスガン・パイソンのバレルを移植した合体品」という記載がされております。
当ブログや「オラガバニスト」にお越しいただいている方々にはご説明の必要もないことですが、はじめてご覧になる方には少々ご心配をお掛けする内容にも取られそうです。
実際としては、あじゃさまに作成いただいたグリズリーのバレル部には写真のようにインサートを入れたままにしてもらっており、モデルガンとしての安全性に配慮をしています。このインサートは元々のフレームと一体になっており、取り外すようなことはできません。さらに言えば、その他のカスタム品についても、外装のみに手を加えてトイガンとしての再現度を高めたものでしかありません。
以前よりお越しいただいている方には言わずもがなな事柄ではありますが、はじめて当ブログをご覧になる方に、念のためとして記事にさせていただきました。

最後に、今回は銃口をメインとした写真も掲載させていただきました。インサートを確認していただく目的ではありますが、銃口の向きを不快におもわれる方がいらっしゃれば、あらかじめお詫びいたします。申し訳ありません。写真掲載の意図をご理解いただきご寛恕いただければ幸いです。




念のため、の話



同じカテゴリー([閑話休題])の記事画像
それは間に挟まれた
エレガントを詰め込んで
近況報告的な話
「限定」には弱いので
新年あけましておめでとうございます
今年最後のご挨拶
同じカテゴリー([閑話休題])の記事
 それは間に挟まれた (2019-02-21 23:59)
 エレガントを詰め込んで (2019-02-07 23:59)
 近況報告的な話 (2019-01-25 23:59)
 「限定」には弱いので (2019-01-10 23:59)
 新年あけましておめでとうございます (2019-01-01 12:00)
 今年最後のご挨拶 (2018-12-31 23:59)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。