< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2009年04月14日

M1934 / WA & TANAKA -3







本日は「ベレッタ M1934 ~WA・モデルガン & ガスガン / タナカ・ガスガン篇~」の第3回となります。
今回もおまけ写真となってます。






▲M1934のサンドイッチ。
中段のタナカのみリコイルスプリングガイドがネジ頭となってます。




これまた以前はあまり好きではなかったM1934ですが、いまではコンパクトさとそのサイズにもかかわらず輝くような個性がステキとかおもってます。好みは変わるものですね。・・・いい加減なだけ?
前回までの記事でも書いておりますが、M1934自体が古いモデルであるということもあり、最近ではWAのガスガン以外にモデルアップはされておりません。むしろWA・ガスガンがモデルアップされたことが、よい意味で驚きでした。
タナカのM1934は、その後、内部機構を変更し、M935として販売されました。単純にガワを使うというわけにはゆかないとおもいますが、.380オートのように、新エンジンを積んで再販という流れになってくれると嬉しいですね。






▲WA-モデルガン/黒のプラ製が標準装備でした。





▲タナカ-ガスガン/これはこれでよい感じです。





▲WA-ガスガン/亜鉛合金に黒の塗装・・・。
重量を稼ぐにはよいのですが、やはり違和感があります。




コンパクトオートについては、KSCはP230、タナカは.380オート、マルゼンはPPK/Sと主要なメーカーはこのサイズのエンジンを持っていることを考えれば、もうすこしこのあたりのモデルを製作してくれると嬉しいとおもってます。
市場の規模というのはわかりませんが、受けそうな機種はありそうです。個人的にはKSCにはP239、タナカにはP238、マルゼンには/Sの付かないPPKの製品化を期待しています。・・・PPKくらいしか無理ですかね。






▲ベレッタ M1934 3丁盛。
タナカ・ガスガンはホールドオープンできず残念。




同じカテゴリー(BERETTA)の記事画像
M1934 / WA & TANAKA -2
M1934 / WA & TANAKA -1
同じカテゴリー(BERETTA)の記事
 M1934 / WA & TANAKA -2 (2009-04-13 23:59)
 M1934 / WA & TANAKA -1 (2009-04-12 23:59)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。