< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2013年01月07日

WA COLT NEW AGENT






今回は、ウエスタンアームズの「COLT NEW AGENT」のご紹介です。
なお、こちらのグリップパネルはモデル工房Sさまに製作いただいたものに変更しています。








実銃は、所謂ガバメントモデルをベースにしたコンシールドキャリーモデルですね。最大の特徴は、コルト社が「トレンチ スタイル」と呼んでいるサイトシステムで、通常のフロント、リアサイトを廃し、かわりにスライド上面に彫った溝がその役割を果たすものとなっています。
その他の基本仕様としては、バレル長3インチ、使用弾薬は.45ACPで装弾数7+1発(9mmパラベラム仕様もあり、こちらは装弾数8+1発)となっています。また、クリムゾン トレース社のレーザーグリップを搭載したものや、サムセフティ、グリップセフティを廃しダブルアクションオンリーとしたモデルも存在しています。









トイガンとしては唯一のモデルアップとなります。
ほかに1911系のバリエーション展開をしているトイガンメーカーがないということもありますが、商品化に恵まれそうにないモデルではありますね。









単純にサイトがないだけと考えれば加工は簡単そうですが、スライドの金型に事前にサイト周りの加工がされていると再現しづらくなるわけで、じつはなかなか手のかかるモデルであるともいえるとおもいます。
また、フロント、リアサイトがないとなると見た目のバランスに違和感もあり、万人受けするモデルではないかもしれませんね。そういう意味でも、個人的にはありがたいモデルアップといえます。













同じカテゴリー(WA [GG])の記事画像
WA-base KIMBER GRAND RAPTOR II
WA KIMBER RAPTOR II
WA-base  KIMBER GOLD COMBAT RL II
WA-base  KIMBER GOLD COMBAT II
WA-base KIMBER CUSTOM COVERT II
WA KIMBER CUSTOM CDP II
同じカテゴリー(WA [GG])の記事
 WA-base KIMBER GRAND RAPTOR II (2018-09-21 23:59)
 WA KIMBER RAPTOR II (2018-09-07 23:59)
 WA-base KIMBER GOLD COMBAT RL II (2018-08-10 23:59)
 WA-base KIMBER GOLD COMBAT II (2018-08-03 23:59)
 WA-base KIMBER CUSTOM COVERT II (2018-07-12 23:59)
 WA KIMBER CUSTOM CDP II (2018-07-06 23:59)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。