< 2020年04月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2011年09月29日

WA COLT MODEL GOVERNMENT PISTOL のつづき


WA COLT MODEL GOVERNMENT PISTOL のつづき



本日は、きのうに続きましてWA・コルト M1911 コマーシャル DXのご紹介です。



WA COLT MODEL GOVERNMENT PISTOL のつづき




現行のWA・M1911の刻印バリエーションの最新作が本モデルとなります。
この以前に、すでにご紹介しているスプリングフィールド・アーモリー製とレミントンUMC製、さらにコングスベルグ M1914とバリエーション展開されているわけですが、本モデルについては特別な表面処理は施されていません。
このあたりの事情はわかりませんが、あるいはすでに定着しているプロップガン路線に対してのスタンダードモデルという位置づけなのかもしれません。




WA COLT MODEL GOVERNMENT PISTOL のつづき




「ガンブルー」処理などを見慣れると少々物足りないでもないのですが、単体で見てみればMGCやKSCが過去に、また最近も一部メーカーが出している「ナチュラルHW」的な雰囲気があって、これはこれで味があるようにおもえます。
わたしには敷居が高いのですが、ご自分でブルーイングをされる方もいらっしゃるでしょうし、基本的なモデルはスタンダード版と表面処理版とを出すというのもアリなのかもしれませんね。




WA COLT MODEL GOVERNMENT PISTOL のつづき




同じカテゴリー([きのうのつづき])の記事画像
WA KIMBER PRO CDP II のつづき
WA KIMBER ULTRA CDP II のつづき
WA KIMBER GOLD COMBAT II (LIMITED EDITION) のつづき
MGC H&K P7M13 のつづき
TANAKA H&K P8 のつづき
TANAKA H&K USP のつづき
同じカテゴリー([きのうのつづき])の記事
 WA KIMBER PRO CDP II のつづき (2019-02-23 23:59)
 WA KIMBER ULTRA CDP II のつづき (2019-02-09 23:59)
 WA KIMBER GOLD COMBAT II (LIMITED EDITION) のつづき (2019-01-12 23:59)
 MGC H&K P7M13 のつづき (2018-12-30 23:59)
 TANAKA H&K P8 のつづき (2018-12-22 23:59)
 TANAKA H&K USP のつづき (2018-12-15 23:59)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。