< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2011年09月25日

WA REMINGTON ARMS UMC M1911






今回は、ウエスタンアームズの「REMINGTON ARMS UMC M1911」のご紹介です。








M1911は、第1次世界大戦開戦により、その供給不足を回避するために製造元であるコルト社、および、米国国営造兵廠・スプリングフィールド・アーモリー以外の9社にも発注がおこなわれました。
レミントンアームスUMCもその1社で、総生産数は21,000丁程度とのことです。生産数は前出のスプリングフィールド・アーモリー製よりすこし少ないくらいですね。
また、スプリングフィールド・アーモリー製とおなじく、基本的な仕様はコルト社のものと同一ですが、スライド側面に打たれた刻印が特徴的ですね。









トイガンとしては、MGCを引き継いだ新日本模型がM1911のバリエーションとしてモデルアップしていたほか、エランもおそらくはごく少数だとおもいますが、製作していたようです。
ガスガンとしてのモデルアップは、やはりWA製が初ですね。









スプリングフィールド・アーモリー製ほど特徴的な形状の違いはなさそうですが、スライド側面に打たれた刻印がバリエーションモデル向きといえるかもしれませんね。
本モデルでは、刻印が彫刻機によって再現されていますので、はっきりくっきりとしたものになっています。













同じカテゴリー(WA [GG])の記事画像
WA-base KIMBER GRAND RAPTOR II
WA KIMBER RAPTOR II
WA-base  KIMBER GOLD COMBAT RL II
WA-base  KIMBER GOLD COMBAT II
WA-base KIMBER CUSTOM COVERT II
WA KIMBER CUSTOM CDP II
同じカテゴリー(WA [GG])の記事
 WA-base KIMBER GRAND RAPTOR II (2018-09-21 23:59)
 WA KIMBER RAPTOR II (2018-09-07 23:59)
 WA-base KIMBER GOLD COMBAT RL II (2018-08-10 23:59)
 WA-base KIMBER GOLD COMBAT II (2018-08-03 23:59)
 WA-base KIMBER CUSTOM COVERT II (2018-07-12 23:59)
 WA KIMBER CUSTOM CDP II (2018-07-06 23:59)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。