< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2008年03月24日

「コンパクトガンについての一考察」 ~その1

というわけで、こんばんは。
先日、コンパクト弾道さまのご尽力により、”コンパクトガン”好きの大きな味方 「コンパク党宣言!」が立ち上がりました。わたしも早速、参画させていただきましたが、今回より数回、「勝手に応援企画」をさせていただきます。

え~、まずはこちらより↓

    「コンパク党宣言!」

へどうぞ~!


で、今回は”コンパクトガン”なるものについて、ちょっと考えてみたいとおもいます。
まず、写真のモデルですが、所謂スタンダードサイズのガバメントですね。





*写真はM1991A1です。



で、下の写真がガバメントの切り詰めモデルであるオフィサーズACPですね。
元はおなじガバながら、スライド、フレームともに短くなっており、全体的にコンパクトな印象ですね。








で、下は.380AUTO ですね。その名の通りで使用口径が異なるものの、ガバメントタイプの外観を踏襲していながら、やはりコンパクトになっています。








で、なにが言いたいかというと・・・というところで、また次回。



同じカテゴリー(◆コンパク党◆)の記事画像
ディフェンダー
「コンパクトガンについての一考察」 ~その2
同じカテゴリー(◆コンパク党◆)の記事
 ディフェンダー (2008-04-19 23:59)
 「コンパクトガンについての一考察」 ~その2 (2008-03-25 23:59)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。