< 2019年04月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2008年01月10日

CAW COLT 51 NAVY


CAW COLT 51 NAVY



今回はクラフトアップルの「COLT 51 NAVY」の登場です。




CAW COLT 51 NAVY




実銃は、パターソンモデルの流れを汲むパーカッションリボルバー。44口径、6連発、9インチバレルと大型だったウォーカーモデルを小型軽量化し36口径、7 1/2インチとしたものが、このM1851(51ネービー)です。なお、NAVYと付けられていますが、とくに海軍で採用されたものというわけではなく、当時は36口径の銃を「ネービー」、44口径の銃を「アーミー」と呼んでいたそうです。




CAW COLT 51 NAVY




トイガンとしては昭和40年代にMGCが金属モデルガンとして製作していました。パーカッションリボルバー自体のモデルアップがほかにCMC/HWSのニュー・モデル・アーミーくらいしかありませんので、非常に貴重なモデルアップということになります。




CAW COLT 51 NAVY




本モデルはカスタムパーツメーカーとして名を馳せたクラフトアップルが、完成品メーカーとして名乗りを上げた第一弾のモデルです。第一弾ながら、CADとNC加工をフル活用しており、非常に精度の高いモデルとなっております。また、当初は六研開発のロックライトを採用していた点も話題となりました(のちにHW樹脂に変更)。バレル長のバリエーションや刻印変更モデル等の展開がありました。




CAW COLT 51 NAVY




さすがにこだわり抜いて作られたらしく、全体的にきっちりかっちりとした印象です。今回久しぶりに手にしましたが、満足感をおぼえさせるモデルだと再確認しました。




CAW COLT 51 NAVY





同じカテゴリー(CAW [MG])の記事画像
CAW GLOCK 18(GEN2)
CAW  COLT M1911A1 .45 Auto
CAW S&W MODEL 3 SCOFIELD
CAW COLT 61 NAVY
同じカテゴリー(CAW [MG])の記事
 CAW GLOCK 18(GEN2) (2018-08-31 23:59)
 CAW COLT M1911A1 .45 Auto (2008-08-31 23:59)
 CAW S&W MODEL 3 SCOFIELD (2008-01-13 23:59)
 CAW COLT 61 NAVY (2008-01-11 23:59)
この記事へのコメント
いいですね、51NAVY。ロックライトとヘビーウェイトともに持っていましたが、諸般の事情により処分してしまいました。4インチモデルが見つかれば入手しようかと思っています。これはトム・セレックのオーストラリアが舞台の西部劇で敵役が使っていたのを見て一目惚れしました
Posted by at 2008年01月11日 17:21
また名前をいれわすれました。しかし、箱の裏のかっちょい〜よは何とかならんものですかね
Posted by エースのジョー at 2008年01月11日 17:23
エースのジョーさま、こんばんは。

51ネービー、手放されたとは残念ですね。4インチモデルが見つかるとよいですね。
箱の「かっちょい~よ」は私もどうかとおもってました。なかなか評判が悪かったようで、再販時には箱も変わり消えていたと聞いたことがあります。
Posted by Virna at 2008年01月12日 01:54
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。