< 2019年03月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2007年11月12日

MGC BERETTA M92DS





今回は、MGCの「BERETTA M92DS」です。









実銃は、米国の警察機関の要請のもとに製作された、M92のダブルアクションオンリーモデルです。外観の特徴としては、DAOのため、指掛け部分のないデホーンドハンマーとなっています。グロック一世を風靡していた頃に開発されたバリエーションモデルで、警察機関がそれまでのDAリボルバーと同じ訓練で対応できるようデザインされたモデルとのことです。









トイガンでは初のモデル化で、M92FSのバリエーションとして製作されました。箱と説明書はM92FSと共有でしたので、生産量自体もそう多くはないかとおもいます。









基本的な仕様はM92FSとおなじで、MGC製品らしく手堅くまとまった印象です。機構の関係上、ハンマーが浮いた感じになっているのは残念ですが、刻印は変更されており、そつがないですね。
久しぶりに取り出したのですが、マガジンのガスは残っていて、なかなかの作動をしてくれました。数年ぶりとおもわれるのにガス漏れをしていないというのも驚きですが、それだけの製品精度があったメーカーがすでにないというのも残念なものです。










同じカテゴリー(MGC [GG])の記事画像
MGC H&K P7M13
MGC GLOCK 17L
MGC BERETTA M96FS INOX
MGC CZ CZ75 1st
MGC CZ CZ75 2nd
MGC H&K P7M13 SCHUMACHER CUSTOM
同じカテゴリー(MGC [GG])の記事
 MGC H&K P7M13 (2018-12-29 23:59)
 MGC GLOCK 17L (2010-02-23 23:59)
 MGC BERETTA M96FS INOX (2009-06-23 23:59)
 MGC CZ CZ75 1st (2009-05-18 23:59)
 MGC CZ CZ75 2nd (2009-05-15 23:59)
 MGC H&K P7M13 SCHUMACHER CUSTOM (2008-07-20 23:59)
この記事へのコメント
おはようございます。
ベレッタM92DSが、モデルアップされてたんですねぇ・・・知らなかった(><)
ベレッタ系統は、私個人的に余り好きじゃなくて、KSC「M9」、WA「M1934」と「M8045」しか持ってません。
って言うのも、M92Fが流行り過ぎて、天邪鬼気味の私には受け入れ難かったと思うのです(^^;)
でもDAOのベレッタは興味津々(^_^)って言うかDAOのモデルって少ないですよね。
どこかのメーカーで、ブローバック・ガスガン化して欲しいですね(^_^)
Posted by のぶちゃん at 2007年11月12日 09:54
今日は。

懐かしいM92DSでは御座らぬか・・・
小生もM92Fのバリエーションで長らく使用してました。

価格もM92FSより¥1000-程高かったと記憶しています。

マガジンのリップが下がり、銃に装填すると上って来る、面白いマガジンでした。

ガス漏れ等は全く無かった筈です。

MGCの解散、惜しまれます。

by職場
Posted by ichiro5 at 2007年11月12日 13:46
のぶちゃんさま、こんばんは。

たしかにわざわざDAOにしたトイガンは、あまり聞かないですよね。ましてM92FのDAOって・・・。
のぶちゃんさまは、あまりベレッタ系統はお好きでないのですね。私は「リーサルウェポン」でM92Fのスライドオープンのシルエットにぐっときてしまい、それ以来、お気に入りのひとつです。天邪鬼なのは、私もおなじなのですが・・・。
Posted by Virna at 2007年11月13日 00:36
ichiro5さま、こんばんは。

マガジンのリップはたしかに画期的なアイデアだったとおもいます。耐久性の問題か、はたまたべつの理由か他社には波及しませんでしたが、休業直前とはいえ、MGCの技術力を感じさせる機構だとおもいます。
おっしゃるとおり、MGCの休業・解散が残念でなりません。
Posted by Virna at 2007年11月13日 00:41
またまた過去の記事に書き込みして恐縮です。一つ伺いたいのですがこのモデルはBLKモデルでしょうか?というのも私の所有する固定スライドタイプはインナーバレルがアウターの摺り切り一杯まで顔を出しており、これがどうも気に食わない私は購入後すぐインナーを金鋸で短く切断した記憶があるからです。BLKモデルならば構造上インナーをショートリコイル分アウターから引っ込める事が可能ですから納得できます。変な事聞いてすみません。
Posted by 子ヤギ at 2009年03月16日 23:42
子ヤギさま、こんばんは。

早速ですが、本モデルはブローバックモデルです。たしかにインナーバレルは気にならないですね~。
そういえば、この記事を読み返して、写真だけは撮ったものの、まだ紹介していないモデルがあったことに気付きました。
写真を撮りなおして、改めてご紹介したいとおもいます。
Posted by VirnaVirna at 2009年03月18日 01:44
ご回答ありがとうございます!やはりBLKモデルでしたか。同じ固定スライドならメーカーがインナーバレルをショート化して精度を下げる様なマネはしませんからネ(笑)実はまだまだ未見のバックナンバーが沢山ありますのでこれからも少しずつ拝見していきたいと思います。また気になる点をコメントさせていただくかもしれませんがご迷惑でなければお付き合いお願いします<m(__)m>
Posted by 子ヤギ at 2009年03月18日 07:28
子ヤギさま、こんばんは。

残念ながら、MGCの固定スライド期のモデルはあまり所有していないんですよね~。いまにしておもえば、買っておけばよかったというモデルもいくつか・・・。
過去記事については、古くなるほどに写真がアレだったり、本文が・・・だったりとお恥ずかしい点も多々ありますが、色々とご指摘いただければとおもいます。
Posted by VirnaVirna at 2009年03月18日 18:53
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。