< 2019年04月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2010年05月14日

WA NIGHTHAWK KNIGHTHAWK のつづき


WA NIGHTHAWK KNIGHTHAWK のつづき



本日は、きのうに続きましてWA・ナイツホークのご紹介です。



WA NIGHTHAWK KNIGHTHAWK のつづき




実際の効果のほどはわかりませんが、意匠としてはシンプルながら手間のかかっているディンプルがインパクト大ですね。
しかしながら、WAからの発売アナウンスの時には「レール付きのフレームじゃないし~」などと、その存在をころっと忘れてしまっていました。
昨年につづき、レール付きのタイプが今年のショットショーに出品されており、それが印象に残っていたためですが、このモデルもアームズマガジン誌の'09年4月号には1/3ページではありますが紹介されており、ピンときてもよかったのにな~などと思い返しています。




WA NIGHTHAWK KNIGHTHAWK のつづき




で、レール付きフレームの発売についてですが、渋谷店で伺ってみたところ「未定ながら、考えてはいる」というような回答をいただきました。
それなりの価格となっているのでそう簡単には手が出ませんが、せっかくなのでできれば並べてみたいものだとはおもいます。
しかしながら、再現度でみると、ちょっと厳しいことになるかもしれませんね。
顧みるとドンピシャのフレームはないようですし、ナイトホーク タロン リーコンフレームのフレームを追加工して再現するのかもしれませんが、そうなるとレール付近のラインが異なってしまいそうです。
実銃の写真をウェブで見てみると、本モデルもフレームのトリガー上のラインが違っているようでして、やや残念さがあります。
このあたりは金型の都合もあるでしょうし「完全再現」とはいかないのかもしれませんが、それなりの売価であることを勘案すれば、なんとかクリアしてほしいところではありますね。




WA NIGHTHAWK KNIGHTHAWK のつづき




同じカテゴリー([きのうのつづき])の記事画像
WA KIMBER PRO CDP II のつづき
WA KIMBER ULTRA CDP II のつづき
WA KIMBER GOLD COMBAT II (LIMITED EDITION) のつづき
MGC H&K P7M13 のつづき
TANAKA H&K P8 のつづき
TANAKA H&K USP のつづき
同じカテゴリー([きのうのつづき])の記事
 WA KIMBER PRO CDP II のつづき (2019-02-23 23:59)
 WA KIMBER ULTRA CDP II のつづき (2019-02-09 23:59)
 WA KIMBER GOLD COMBAT II (LIMITED EDITION) のつづき (2019-01-12 23:59)
 MGC H&K P7M13 のつづき (2018-12-30 23:59)
 TANAKA H&K P8 のつづき (2018-12-22 23:59)
 TANAKA H&K USP のつづき (2018-12-15 23:59)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。