< 2020年02月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2007年10月27日

HF COLT PRE WAR TYPE NATIONAL MATCH


HF COLT PRE WAR TYPE NATIONAL MATCH


今回は、ホビーフィックスの「COLT PRE WAR TYPE NATIONAL MATCH M1911 」です。




HF COLT PRE WAR TYPE NATIONAL MATCH




実銃は、'33年に米コルト社が満を持して発売した、ターゲットシューター向けモデルです。現代のそれとは異なり、惜しみなく職人の手をかけた本銃は、まさしく名銃と呼べるものだそうです。




HF COLT PRE WAR TYPE NATIONAL MATCH




ホビーフィックスが発売した本トイガンは、同社が開発した「メガウェイト」素材を採用した第2弾となります。一応限定扱いのようですが、この業界、数の大小はともかく、ほとんど「限定」に近いので・・・。




HF COLT PRE WAR TYPE NATIONAL MATCH




第1弾のM1911A1は発売にドキドキしたものの購入には到りませんでした。が、この戦前型ナショナルマッチにはかなり心が動き、3万超という価格にもかかわらず、ついには購入したのでした。ホント当時は3万超のハンドガンなんて考えられませんでしたが・・・。




HF COLT PRE WAR TYPE NATIONAL MATCH




作動性云々を言うようなモデルではありませんが、いじってる満足感はなかなかです。そりゃもう思い入れたっぷりですから。
・・・と、一通り写真を撮った後、久しぶりにガチャガチャ動かしておりましたら、ハンマーがぽっきりと。
いま、見るも無残な姿です(ショックなので、写真は撮ってません)。こりゃ、なんとかせねば。







この記事へのコメント
こんにちは
M1911系統のロングスライドは、かっこいいですねえ~
スライドではないですが、オートマグ・クリント1やP08系等のロングバレルは何か間延びして今一好きになれませんが(好きな方は多い様ですが)M1911系はそう言う事が無いですね。
個人の好みの問題なんでしょうけど(^^;)
Posted by のぶちゃん at 2007年10月29日 09:24
のぶちゃんさま、こんばんは。

おっしゃるとおり、ガバはロングスライドも似合いますね。ハードボーラーの7インチは、初見時はおいおいとおもったものですが。基本はコンパクトモデルが好きなのですが、長きゃ長いでよいなとおもうのは、いい加減さの現れでしょうか・・・。
Posted by Virna at 2007年10月30日 02:23
こんにち。るお世話になります。私も昨日、久しぶりに動かしてみたらハンマーがポロリと折れてしまいました。その後、修理は出来たのでしょうか?修理に何かいい方法がありましたら教えて下さい。ちなみに、CAWのホームページを見たらパーツ表が載っており、グリップセフティーの形を見るとホビーフィックスのガバメントにそっくりで、もしかしたら使えるかも知れないと考えてもおりますが・・・
 以上、宜しくお願い申し上げます。
Posted by 大野 浩路 at 2010年03月26日 11:05
大野 浩路さま、こんばんは。

じつは件のパーツ群をその後入手しまして、しかしながら、そのままになってしまっていたりします・・・。パーツを入手して満足してしまったものとおもわれます。
他社のパーツを流用するという考えはまったく浮かびませんでしたが、最近のモデルはリアルになって、寸法も近いかもしれませんね。
パーツ交換する際、CAWのものも見てみたいとおもいます。あまりお役に立てず申し訳ありません・・・。
Posted by VirnaVirna at 2010年03月28日 02:15
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。