< 2020年04月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2010年04月01日

WA S&W SHORTY40 SIDE KICK のつづき


WA S&W SHORTY40 SIDE KICK のつづき



本日は、きのうに続きましてWA・S&W ショーティ40 サイドキックのご紹介です。



WA S&W SHORTY40 SIDE KICK のつづき




基本的な構成はショーティ40と同様ですが、外観としてはスライドとフレームのツートンが目を惹きますね。
また、フレームはちょっとグレーがかっており、グリップ部の黒ともトーンが異なるのも、ちょっと好みだったりします。
そのグリップパネルは初見ではやや刻印が甘いな~とおもっていたのですが、実際にはラバーコーティングが施されており、プラのままのショーティ40とはやや握り心地が異なっていたりもします。




WA S&W SHORTY40 SIDE KICK のつづき




固定スライド時代からの歴史を持つWA・ショーティ40 サイドキックですが、こういう形でのリメイクはありがたいとおもいました。
M6904/06も、とおもっていたましたが、こちらは金型の関係か実現していませんね。
個人的にはMGCのM645がリメイクされるとうれしいのですが、もう無理ですよね~。
S&WオートはM&Pシリーズくらいしか新規製作は実現しそうにありませんが、なんとかM39/M59系もお願いしたいところです。




WA S&W SHORTY40 SIDE KICK のつづき




同じカテゴリー([きのうのつづき])の記事画像
WA KIMBER PRO CDP II のつづき
WA KIMBER ULTRA CDP II のつづき
WA KIMBER GOLD COMBAT II (LIMITED EDITION) のつづき
MGC H&K P7M13 のつづき
TANAKA H&K P8 のつづき
TANAKA H&K USP のつづき
同じカテゴリー([きのうのつづき])の記事
 WA KIMBER PRO CDP II のつづき (2019-02-23 23:59)
 WA KIMBER ULTRA CDP II のつづき (2019-02-09 23:59)
 WA KIMBER GOLD COMBAT II (LIMITED EDITION) のつづき (2019-01-12 23:59)
 MGC H&K P7M13 のつづき (2018-12-30 23:59)
 TANAKA H&K P8 のつづき (2018-12-22 23:59)
 TANAKA H&K USP のつづき (2018-12-15 23:59)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。