< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2007年10月04日

MKK SIG P210-6





今回は、マルシン工業の「SIG P210-6」です。









実銃は、スイス軍の要請の元に開発し採用されたP49の民間用モデルです。P210はスイスの誇る精密機械技術の高さを証明する工作精度を持ち、当時としては優れた命中精度を持っていました。しかし、その工作精度の高さ故にコストがかかり、ついにはP220の開発へと移行しました。









トイガンとしては、割と以前からモデルガン、エアコッキングガンとして製品化されていましたが、ブローバックガスガンとしては、このマルシン工業製が唯一となります。'05年に発売された本モデルは、SWISS ARMS社(旧SIG社)との提携により、実銃のP210の図面を提供を受け製品化されており、各部の寸法は限りなく実銃に近いものと考えられます。









実際に手にとって見ると、それまでに手にしたトイガンのP210の印象とは若干異なり、スマートな感じを覚えました。非常にほっそりとしており、持ちやすい感じですね。ガスガンとしての性能は、まぁアレのようですが、なんというかこのモデルを新規金型で作ってくれたことを有難くさえおもいます。
どうしてこのようなモデルを、それなりに力を入れて製作したのか、皆目見当もつきませんが、そのようなマルシン工業の姿勢がたまらなく好ましくおもえたりもします。









わざわざレタリングを行うそのセンスにちょっと驚いたり、当初発表にあったアメリカンタイプのフレームのモデルはどうなったのかなといった疑問を抱いたりもしますが、とりあえず製品化してくれたことに感謝ですね。





同じカテゴリー(マルシン工業 [GG])の記事画像
MKK CZ CZ75 2nd
MKK COLT GOVERMENT MODEL
MKK KIMBER TACTICAL FORCE
MKK SFA M1911-A1 OPERATOR
MKK NMB NEW NANBU M60
MKK GLOCK 21
同じカテゴリー(マルシン工業 [GG])の記事
 MKK CZ CZ75 2nd (2009-11-13 23:59)
 MKK COLT GOVERMENT MODEL (2009-11-06 23:59)
 MKK KIMBER TACTICAL FORCE (2009-09-21 23:59)
 MKK SFA M1911-A1 OPERATOR (2009-07-21 23:59)
 MKK NMB NEW NANBU M60 (2009-05-11 23:59)
 MKK GLOCK 21 (2009-01-16 23:59)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。