< 2020年03月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2020年03月31日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入しております。早速ですが、読んでみての感想記事をお届けします。詳しくは、本誌にてご確認ください。

5月号は特集なしで「ルガー 57」からスタートです。FNHの5-7につづく5.7×28mm自動拳銃とのことですが、外観でいえば5-7ほどのクセもなく、なかなか興味深い銃のようです。ぜひとも我らがマルシン工業に製品化していただきたいものです。
「SIG SAUER 365 SAS」も気になるところですね。コンシールドキャリーを強く意識したスナッグフリーなデザインは魅力的です。なにより9×19mmで装弾数10発とはおもえないサイズ感。コンパクト好きにはたまらないものがありますね。トイガン化はないかな~と思いつつ、いずれはと期待してしまいます。

トイガン関係では、やはりタナカのSIG P226 MK25 デザートでしょうか。民間向け仕様となるとさらに気になってしまいます。発売時期は未定のようですが、夏までにはきますかね。
さらっと掲載されていた東京マルイのGLOCK 17 Gen4も気になりますね。意外に早く発売されるのか、バリエーション展開はどのタイミングで行われるのか。気の早い話ですが、続報に期待です。

新型コロナウイルスはまさしく未曾有の事態になってしまいました。わたしもするべきことをしていきたいと思います。というところで、では、また。

  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]