< 2019年01>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2019年01月28日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌の感想記事をお届けいたします。記事の詳しい内容は、本誌でお願いいたします。

2019年3月号は特集なし。が、今月はすべてハンドガンの記事になっています。
先月はまたぞろSIG P320?とおもっていましたが、今月はまたもやCZという気がしますね。メタルフレームというのは最近では珍しい気もしますが、素性はよいようですね。メタルフレーム復権となるのでしょうか。
「ブレンテン」は久しぶりの登場ですね。その昔、我らがマルシン工業が固定スライドガスガンの金型を活用したとおもわれる「新製品」のアナウンスをしていましたが、アレはもう復活しないのでしょうか。マルシン工業はまた「活動期」に入ったようですので、このあたりも動き出すとよいのですが。
「M59 & M39」も久々ですね。M59→M459→M5904というのも一度追いかけてみたいなとおもいました。

トイガン関係は、タナカからスタートですね。毎月なんらかの製品を出してくれていますね。以前のモデルもマイナーチェンジをされていてありがたいことです。あとはKフレを・・・。
東京マルイはFNX-45 タクティカルが紹介されていますね。一頃の東京マルイからすると早いリリースとなりそうですね。しかし、グリップとスライドのマークがマルシン工業のそれのようにも見えますね。

今年は暖冬かとおもいきや、きっちり寒くなっていますね。日本海側を中心にかなりの降雪もあるようで、これ以上酷くならないとよいなとおもっています。
個人的なトイガンの話としては、前回の記事でも書いておりますが、ここのところ1911に気持ちがいっており、WAパーツ箱を漁っていたりします。面白いです。というところで、では、また。


  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]