< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2018年07月26日

源流に遡って







みなさま、こんばんは。
え~、相変わらず唐突ではありますが、各銃器メーカーにはそれぞれアイコンとなるような代表的なモデルがありますね。
例えばワルサーであればP38やPPK、H&KではUSP、ベレッタならM92Fでしょうか。コルトといえばガバメントモデルやパイソン、SAAが挙げられるとおもいます。
S&Wではというと、M29やM19、M36というリボルバーのマスターピースのほか、オートマチックでもM39やM59がありますね。
そして、S&Wにはそれらの名銃のすこし前に輝きを放っていたモデルがあります。
前回までにご紹介した「M&P」という各カテゴリーを横断するブランディングも、かつての栄光を背景に展開されているものとなっています。
というわけで、明日以降、時代を超えて存在感を示している「ミリタリー&ポリス」という名称を持った銃のひとつ、ハートフォード・Smith & Wesson .38 MILITARY & POLICE Model of 1905 2インチをご紹介いたします。お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]

2018年07月19日

栄光の名を継ぐもの







みなさま、こんばんは。
え~、米国を代表する老舗銃器メーカーといえば、コルトとS&Wでしたが、ともに経営難の時期があり、とくに「ガバメント」で広く知られるコルトであっても往年の勢いを取り戻すことは難しいようです。
一方のS&Wも前世紀末には英国資本となっていた時期がありましたが、いまは米国資本に戻り、それなりの影響力を持った存在となっています。
S&Wが勢いを取り戻した要因はいくつかありますが、「世界最強のリボルバー」M500の成功の他、かつての栄光ある名称を引き継いだ「M&P」シリーズの展開もそのひとつではないでしょうか。
「M&P」ブランドは、ポリマーフレームオートを端緒に、AR-15クローンにリボルバーと幅広く展開されています。
というわけで、明日以降、そういったM&Pの名を冠する銃の一つ、タナカ・S&W M&P360 1-7/8インチをご紹介いたします。お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]

2018年07月17日

ここでとどまる旅路では







みなさま、こんばんは。
え~、一昨日までカスタム コバート IIをご紹介し、2年ほど前に「キンバーの旅」としてはじめたご紹介もようやくにも10丁を数えることとなりました。
開始当初は、フルサイズを20丁程度ご紹介し、その後にコンパクトモデルに進む流れを考えておりましたので、フルサイズについてはおおむね折り返しに辿り着いたと言えそうです。
ちなみに、今後ご紹介を予定しているモデルのうち、準備が完了しているものが7丁、時期未定ながら準備中のもの2丁、その他がいくつかといった構成になっております。
と、折り返しには辿り着きましたが、このままキンバー1911が続くのもアレですので、キンバー1911数丁ごとに別のモデルもご紹介する流れで進めていきたいと考えております。
というわけで、次回以降数回の更新ではキンバーを一休みし、時をおいて再開いたしますので引き続きお付き合いいただければ幸いです。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]

2018年07月11日

尾を踏まば頭まで







みなさま、こんばんは。
え~と、「キンバーの旅」は、元々は軽い気持ちで始めた組み換え遊びでしたが、ウォリアー SOCの再現を試みたことを境にバリエーションを広げていく方向に舵を切りました。どうせならもっと楽しんでしまおうとおもったのです。
WAはキンバーシリーズについて、おもいだしたようにラインアップを増やしてくれることも要因のひとつとなりました。パーツ組み換えでは再現できないようなモデルがラインアップに加わることは単純にありがたいことですし、ならばとバリエーションを増やすためにパーツの組合せを考える楽しみにもなりました。
WAは商品化にあたり時折ひどく手を抜くことがありますが、キンバーに関してはパーツ単位でもそれなりの種類があり、うまく組み合わせれば再現度の高いモデルを手にすることができるのも幸いしました。
というわけで、またもや他の方の手を煩わせたものではありますが、明日以降、WAのパーツをベースに再現しましたキンバー カスタム コバート IIをご紹介いたします。お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]

2018年07月05日

大本命登場







みなさま、こんばんは。
え~、キンバー1911について、みなさまどのようなイメージをお持ちでしょうか。
個人的にはSWAT カスタム IIのような派手さこそないもののストイックに性能向上をめざすような堅実なイメージがあります。
一方で、いくつかの色気たっぷりのモデルをラインアップに加えているのも、キンバーの魅力だとおもいます。
とくにCDP IIは、角を丸められた加工箇所がツールとしての確実さを体感させるとともに、フレームとスライド、操作系パーツのツートン仕様に所有欲を満たすデザイン性が感じられ、人気機種となったのも納得がいきますね。おそらくWAがキンバー1911のモデルアップを始めた際に、もっとも期待値が高かったモデルといえば、やはりCDP IIではないでしょうか。
というわけで、明日以降、WA・キンバー CDP IIをご紹介いたします。お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]

2018年06月14日

ツートン+アジャスタブルサイトの魅力







みなさま、こんばんは。
え~、前回までにご紹介したエクリプス カスタム IIは、スライドとフレームの2トンが印象的なデザインになっています。
シンプルなパーツ構成ながら磨き上げられた側面の処理が、キンバー1911群のなかで、ほかにはない魅力を発揮しています。
そのようなエクリプスファミリーにはいくつかの仲間がおり、フルサイズモデルとしてはご紹介済みのエクリプスカスタム IIのほか、エクリプス ターゲット IIがあります。
こちらもWAがラインアップに加えるかと期待しておりましたが、「ボマーサイトモデルは売れない」のジンクスか、現在もモデルアップされる気配はありません。
というわけで、またもや再現にご協力をいただきまして、明日以降、WAベース・キンバー エクリプス ターゲット IIをご紹介いたします。お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]

2018年06月08日

ふたたび旅路へ







みなさま、こんばんは。
え~、当ブログでは2年ほど前に「キンバーの旅」として、WAのキンバー1911を軸とするモデルのいくつかを紹介しておりました。「弾数」としてはそれなりの物量を用意しておりましたが、結局は6機種をご紹介したのちに、トイガン紹介記事自体が一時途絶えるという状況になってしまいました。
お休みした理由としてはあれやこれやあるのですが、トイガン紹介記事は昨年末から復活することができ、ここのところのリボルバー熱も相まって、なんとか回数を重ねることができました。加えて、1箇月ほど前には周年記念を無事に迎えることができたということもあり、ここいらで途絶えてしまった「キンバーの旅」を再起動してみようとおもいます。
というわけで、再起動の第一弾として、まずはWA・キンバー エクリプス カスタムIIを明日以降にご紹介いたします。お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]

2018年05月24日

長い時を経て







みなさま、こんばんは。
え~、一頃のKSCのガスガンは、エキストラクターのライブ化など(MK23 SOCOM PISTOL)ガスガンとしてはやや過剰ともいえる再現をしていたモデルがありました。
その頃のイベントでは、ガスガンを開発する際は将来的なモデルガン化も可能な設計にしている旨のお話を伺ったこともあり、「いずれはモデルガン化」を楽しみにしていました。現実としては長引く不景気もあってか、非常に残念なことにモデルガン市場自体が下火になり、そういったガスガンたちがモデルガン化されることはありませんでした。
しかしながら、数年前にそういった「期待」をしていたモデルのひとつが、モデルガン化されています。
というわけで、遅まきではありますが、明日以降、KSC・SIG SAUER P230(モデルガン)をご紹介いたします。お付き合いのほどよろしくお願いいたします。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]

2018年05月17日

夢にも思わぬ







みなさま、こんばんは。
え~、個人的に待望のモデルというものがありまして、M40 センチニアルやPPKはその代表的なモデルでした。どちらも以前にモデルガン化されていたものの、その後長くモデルアップされていませんでしたが、数年前にタナカとマルシン工業が製作してくれました。
これらはすでにベース銃があったり、ある程度の知名度があったりと、素人考えでもモデルアップの障壁としては比較的に低いものに思われます。
一方で、これはムリだろうな~と思うモデルもありまして、そのひとつがモーゼル HScでした。
著名な映画に出たわけでもなく、バリエーション展開も望めずで、正直なところ新たにトイガン化されることはないと思っておりましたが、モデルアップしてくれたのはマニアックなラインアップをしてくれるハートフォードでした。
もう今後モデルアップされることはないのではないかと思い、入手をしておりました。
というわけで、明日以降、やや今更ではありますが、ハートフォード・モーゼル HScをご紹介いたします。お付き合いのほどよろしくお願いいたします。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]

2018年04月30日

祝!! ブログ開設11周年!







みなさま、こんばんは。
おかげさまで、本日、当ブログは開設11年を迎えることができました~。
この1年はそのほとんどが月一更新という怠惰な状況でしたが、周年記念の日を迎えられたことに安堵しています。
これもご覧いただいているみなさまのおかげと感謝しております。本当にありがとうございます。

この1年の集計としましては、昨日までで総アクセス数:1,658,784、記事総数:1,450、コメント総数:1,901、掲載トイガン数は422となっております。
このうちガバ系は昨年と変わらず160丁、ガバ度は37.8%になり微減です。やや意図的にではありますが、この1年のご紹介はリボルバーのみでした。

1年間の更新回数は86回で、昨年の倍となっております。実質は年末年始からのトイガン紹介記事再開がほとんどですね。
ご紹介したトイガンは15丁となっており、すべてリボルバーのご紹介です。これは、ここ数年リボルバーを記事にする機会を設けていなかったことから始めた企画ではありましたが、みなさまのご感想はいかがでしたでしょうか。
当面は月に2、3回くらいのペースでトイガン紹介をしていきたいと考えておりますので、今後もご覧いただければとおもいます。というところで、では、また。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]