< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2018年07月30日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入いたしました。というわけで、いつもの感想記事をお届けいたします。詳しい内容は、本誌でご確認くださいませ。

2018年9月号は、「マグナムハンドガンズ」という特集記事の元、「オートマグ」から始まっています。特集を組むだけあって記事のボリュームはなかなかですね。新旧のオートマグが入り混じって、なんとも言えない不思議な気持ちになりました。
「ザ・マグナム・カタログ」は、なんといっても写真が全て撮り下ろしというのに感心いたしました。わたしは写真のことは詳しくありませんが、素材を用意して背景を準備してというのは大変だろうな~と。当ブログでもこういうことをチャレンジしてみたい想いもありますが、わたしの性格ではムリそうですね・・・。

トイガン関係は、B.W.C.のパフォーマンスセンター SW1911 Pro 3"には少々惹かれたものの、今月も個人的に気になるモデルはなし。わたしの趣味が以前より偏ってきているのかもしれませんね。

梅雨明けが早いとおもえば、大雨に過去に類を見ない台風の進路・・・。先月書いた「異常気象」という言葉が、まさしく現実のものとなってしまっていますね。というところで、では、また。


  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2018年07月29日

HWS S&W .38 MILITARY & POLICE Model of 1905 2inch のおまけ






本日は、ハートフォード・S&W .38 MILITARY & POLICE Model of 1905 2インチのおまけ写真をお届けします。





▲グリップはメーカー純正の木製のもの







▲刻印はちょっと薄めですね







▲最後はM&P360と
100年ほどの差は重いか軽いか



  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[おまけの写真]

2018年07月28日

HWS S&W .38 MILITARY & POLICE Model of 1905 2inch のつづき






本日は、きのうに続きましてハートフォード・S&W .38 MILITARY & POLICE Model of 1905 2インチのご紹介です。








実銃は、米S&W社の中型リボルバーM10の開祖と言えるモデルになります。
1957年にモデルナンバー制が採用され「Model 10」となるまでの期間は「.38 MILITARY & POLICE」という名称で販売されており、S&Wという銃器メーカーのイメージを形成する一助となったとおもわれます。









トイガンとしては前出のとおりコクサイが同様のモデルを販売していますが、再現性としては本モデルのほうが高いですね。
Kフレームについては、現在はコクサイがメーカー活動を終了し、タナカもリニューアルや再生産がないため、ハートフォードの独擅場となっていますね。
ぜひともこれからもバリエーション展開などを進めていってほしいと思っています。






  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[きのうのつづき]

2018年07月27日

HWS S&W .38 MILITARY & POLICE Model of 1905 2inch






今回は、ハートフォード(HWS)の「SMITH & WESSON .38 MILITARY & POLICE Model of 1905 2inch」のご紹介です。








実銃は、米S&W社製作の中型リボルバーで、使用弾薬は.38スペシャル、装弾数は6発となっています。
ナンバー制度が採用される遥か以前の1905年に製造されていたモデルとなっており、半円形のフロントサイトに時代を感じさせます。









M10としては、トイガンでも多く製品化されています。
M10オールドモデルとしてコクサイも同様のモデルを販売していたほか、ミリタリー&ポリスという名称で我らがマルシン工業が4インチモデルをガスガンで製作していました。









本モデルは、M10のバリエーションとして販売されました。
ハートフォードではCMCのM19の金型を引き継ぎバリエーション展開をしていましたし、ビクトリーモデルも製作しておりますので、製品化はある意味既定路線なのかもしれませんね。









  

Posted by Virna at 23:59Comments(0)HWS [MG]

2018年07月26日

源流に遡って







みなさま、こんばんは。
え~、相変わらず唐突ではありますが、各銃器メーカーにはそれぞれアイコンとなるような代表的なモデルがありますね。
例えばワルサーであればP38やPPK、H&KではUSP、ベレッタならM92Fでしょうか。コルトといえばガバメントモデルやパイソン、SAAが挙げられるとおもいます。
S&Wではというと、M29やM19、M36というリボルバーのマスターピースのほか、オートマチックでもM39やM59がありますね。
そして、S&Wにはそれらの名銃のすこし前に輝きを放っていたモデルがあります。
前回までにご紹介した「M&P」という各カテゴリーを横断するブランディングも、かつての栄光を背景に展開されているものとなっています。
というわけで、明日以降、時代を超えて存在感を示している「ミリタリー&ポリス」という名称を持った銃のひとつ、ハートフォード・Smith & Wesson .38 MILITARY & POLICE Model of 1905 2インチをご紹介いたします。お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]