< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2018年04月07日

TANAKA S&W M360J 1-7/8inch






今回は、タナカの「SMITH & WESSON M360J 1-7/8inch」のご紹介です。








実銃は、米S&W社製小型リボルバーです。基本的な仕様はM360SCなどと同様ですが、末尾の「J」が示すとおり日本の警察向けに製作されたものとのことです。相違点としては、日本警察では.357マグナムは不要のためシリンダーのみ素材をステンレスに変更し、.38スペシャル対応としています。
また、ウェブサイトを見ていると、M360Jとして紹介されている記事がありますので、一部が民間市場にも出回っている模様です。









トイガンとしては唯一のモデルアップとなります。
なお、本モデルは最初に販売されたABS製ですが、HW化した際にサムピース下に刻印の追加が行われました。
日本警察仕様としてはHW版のほうがより再現性が高いのかとおもわれます。









本モデルは、「M360J SAKURA」として販売されておりグリップも専用のランヤード付きのものが取り付けられていますが、個人的に日本警察仕様にそれほど興味がなかったため、ウェブサイトを参考にグリップを以前にご紹介したM360PDと同様にS&W純正のものに変更し「M360J」としてみました。
このサイズであれば.38スペシャルが現実的で、また、このグリップならリコイルのコントロールも可能におもわれますね。









  

Posted by Virna at 23:59Comments(0)タナカ [MG]

2018年04月06日

桜の季節でもありますので







みなさま、こんばんは。
え~と、タナカというメーカーは日本の警察や自衛隊などに関わる銃器をいくつもモデルアップしています。
現在販売中のGun Professionals誌に掲載されているとおり、自衛隊に採用されているP220を新規金型でリリース予定というのですから気合が違いますね。
そういう点では、日本警察に採用されたS&W M360をトイガン化するのも当然の流れかもしれません。
タナカはM360シリーズとして4機種を販売していますが、そのデビューを飾ったのも日本警察仕様でした。
というわけで、またまたタナカ製リボルバーのご紹介となりますが、明日以降、タナカ・S&W M360Jをご紹介いたします。お付き合いよろしくお願いいたします。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]

2018年04月03日

TANAKA S&W M629 PC FLAT SIDE 3inch のおまけ2






本日もタナカ・S&W M629 パフォーマンスセンター フラットサイド 3インチのおまけ写真をお届けします。






▲スイングアウトを1枚







▲上面はこのような感じです







▲塊感がよい雰囲気です



  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[おまけの写真]

2018年04月02日

TANAKA S&W M629 PC FLAT SIDE 3inch のおまけ






本日は、タナカ・S&W M629 パフォーマンスセンター フラットサイド 3インチのおまけ写真をお届けします。






▲パフォーマンスセンターの刻印はサムピースの下にあります







▲ヨーク内側の刻印は「MOD.29」







▲グリップはホーグのラバー製モノグリップを模したもの



  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[おまけの写真]

2018年04月01日

TANAKA S&W M629 PC FLAT SIDE 3inch のつづき






本日は、きのうに続きましてタナカ・S&W M629 パフォーマンスセンター フラットサイド 3インチのご紹介です。








本モデルは.44マグナム弾を使用するM629を短銃身化し、さらにバレルサイドを削ったものとなっています。
見た目は充分に格好よいのですが、一方で実銃を撃つ場合はかなり反動がありそうで、実射となると躊躇しそうです。
その点で言えば、トイガンはあくまで雰囲気を楽しむものですので、格好よさを堪能することができてよいですね。









欲を言うならば、ガスガンで一部展開されていますが、.357マグナム用のシリンダーとバレルを作ってもらいM27系をモデルガンで展開をしてもらいたいところです。
M28を通常モデルで、M27をジュピターフィニッシュで出してくれれば売れそうな気がするのですが、いかがでしょうか。








  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[きのうのつづき]