< 2018年02月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 14人
オーナーへメッセージ

2018年02月15日

SCと言えば







みなさま、こんばんは。
え~、米S&W社といえばハンドガンの主要パーツに新しい素材を積極的に使用している印象があります。
M60でのステンレス鋼採用にはじまり、最近はチタン合金やスカンジウム合金を新たに採用していますね。
そのスカンジウム合金を使用したハンドガンで対のように展開されている名称があります。
SCとPDがそれで、SW1911でも展開されており、WAがともにモデルアップしていました(SW1911ScSW1911PD)。
ちなみにSCは「Scandium」から、一方PDは銃のコンセプトを示す「Personal Defense」の略から付けられているとのことです。
トイガンとしては、基本的におなじモデルではあるのですが、個人的にモデル名が異なれば別モデルに見えてしまい、色が変わればなおのことで、ついつい両方とも購入してしまいます・・・。
というわけで、明日以降、先行したM360SCの対となる、タナカ・S&W M360PDをご紹介いたします。お付き合いよろしくお願いいたします。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]

2018年02月12日

TANAKA S&W M360SC 1 7/8inch のおまけ2






本日もタナカ・S&W M360SC 1 7/8インチのおまけ写真をお届けします。





▲実銃のバレルはステンレスとスカンジウムの2重構造です







▲バレルエンドにはフレイムシールドを再現







▲シリンダーには.357マグナムがみっちりになっています



  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[おまけの写真]

2018年02月11日

TANAKA S&W M360SC 1 7/8inch のおまけ






本日は、タナカ・S&W M360 SC 1 7/8インチのおまけ写真をお届けします。





▲サイドプレートには特徴的にはアトムロゴ
電子が22個になってますね・・・







▲刻印はレーザーでくっきり







▲グリップはホーグ製の「BANTAM」
いずれはS&W純正に変更したいです



  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[おまけの写真]

2018年02月10日

TANAKA S&W M360SC 1 7/8inch のつづき






本日は、きのうに続きまして タナカ・S&W M360 SC 1 7/8インチのご紹介です。








実銃は銃器用新素材を積極的に取り入れる米S&W社が開発した小型リボルバーとなっています。特徴としては、各パーツに異なる素材を採用し、小型軽量ながら.357マグナムへの対応を実現した点にあります。
素材の違いは塗装による再現ですが、最近の実銃の雰囲気をよく出していると思います。
しかしながら、このサイズで.357マグナムを撃つという行為は、ちょっとコワイですね。









タナカのリボルバーとしては、各パーツや刻印をリアル化した所謂Ver.2モデルのラインアップ後に製作されたものであるため、おおむねリアルな仕上がりとなっております。
個人的には、艶消しで落ち着いた質感の塗装も相まって、小さいながらも満足のいくモデルとなっています。
なお、元々はアンクルマイクス製のブーツタイプラバーグリップを模したものが付いていました。これはこれでよくできているのですが、手持ちのホーグ製「BANTAM」に変えております。






  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[きのうのつづき]

2018年02月09日

TANAKA S&W M360SC 1 7/8inch






今回は、タナカの「SMITH & WESSON MODEL 360 SC 1 7/8インチ」のご紹介です。








実銃は、2001年のショットショーで発表された米スミス&ウェッソン社のリボルバーです。小型のリボルバーながら、.38スペシャルおよび.357マグナム弾を5発装填可能となっています。
小型のフレームで.357マグナム弾に対応しつつ軽量化するため、フレームやバレルシュラウドなどにスカンジウム合金、シリンダーにチタニウム合金、2重構造となっているバレルライナーにはステンレスを使用しています。









トイガンとしては、唯一のモデルアップとなります。Jフレームを使用した「元祖」M36は、各社がラインアップに加えていました。
タナカからはM360シリーズが日本警察仕様のM360J SAKURAを皮切りにガスガン、モデルガンともバリエーション展開されています。
タナカはもともと日本警察仕様や自衛隊仕様のトイガンをモデルアップしており、ある意味当然の流れだったのかもしれませんね。









本モデルは、ガスガンに先行して販売されたモデルガンになります。
特徴的な2トンは塗装で再現されており、とくにシリンダー部はセラコートで塗装されています。
本体はABS樹脂となっていますが、実銃も11.4オンス(323.2グラム)のためリアリティを感じさせるものとなっています。









  

Posted by Virna at 23:59Comments(0)タナカ [MG]