< 2018年05月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2018年04月30日

祝!! ブログ開設11周年!







みなさま、こんばんは。
おかげさまで、本日、当ブログは開設11年を迎えることができました~。
この1年はそのほとんどが月一更新という怠惰な状況でしたが、周年記念の日を迎えられたことに安堵しています。
これもご覧いただいているみなさまのおかげと感謝しております。本当にありがとうございます。

この1年の集計としましては、昨日までで総アクセス数:1,658,784、記事総数:1,450、コメント総数:1,901、掲載トイガン数は422となっております。
このうちガバ系は昨年と変わらず160丁、ガバ度は37.8%になり微減です。やや意図的にではありますが、この1年のご紹介はリボルバーのみでした。

1年間の更新回数は86回で、昨年の倍となっております。実質は年末年始からのトイガン紹介記事再開がほとんどですね。
ご紹介したトイガンは15丁となっており、すべてリボルバーのご紹介です。これは、ここ数年リボルバーを記事にする機会を設けていなかったことから始めた企画ではありましたが、みなさまのご感想はいかがでしたでしょうか。
当面は月に2、3回くらいのペースでトイガン紹介をしていきたいと考えておりますので、今後もご覧いただければとおもいます。というところで、では、また。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]

2018年04月27日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入してきました。毎月の感想記事をお届けいたします。詳しい内容は、本誌でどうぞ。

2018年6月号も特集記事はなし。リボルバー熱の高まっているわたしには楽しい月でした。
「コルトM45A1 」は、分解・実射ともNGというのはなんとも。古いモデルはともかく、高騰しているとはいえ、比較的新しいモデルで調達できないのは残念ですね。
「コルト パイソン & エージェント」と「S&W テリア&ハンドエジェクター」の記事は、個人的にグッドなタイミングでした。どちらもよい雰囲気でステキですね。

トイガン関係では、GUNくつ王のブローニングM1922が気になるところ。こういうモデルはどこも出せないですよね。
KSCの長物新製品もいずれは入手したいものです。できれば、ハンドガンでも新規のものが見たいものです。

巷では大型連休ですね。きょうはJRのターミナル駅で窓口と券売機に長蛇の列を見ました。世のお父さんも大変です。というところで、では、また。


  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2018年04月22日

TANAKA COLT PYTHON 6inch のおまけ2






本日もタナカ・コルト パイソン 6インチのおまけ写真をお届けします。






▲他の追随を許さないバレルデザイン







▲ハンマー周りも魅力的に見えてきます







▲最後はKSC・キングコブラと
気品という意味では、やはりパイソンですね



  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[おまけの写真]

2018年04月21日

TANAKA COLT PYTHON 6inch のおまけ






本日は、タナカ・コルト パイソン 6インチのおまけ写真をお届けします。






▲グリップは木製のものに変更してます







▲シリンダー周りを1枚
めっきがよい感じに重厚さを出しています







▲ほかにはない魅力的な佇まいです



  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[おまけの写真]

2018年04月20日

TANAKA COLT PYTHON 6inch のつづき






本日は、きのうに続きまして タナカ・コルト パイソン 6インチのご紹介です。








実銃は「リボルバーのロールスロイス」と呼ばれたほどの最高級モデルで、職人が磨き上げたロイヤルブルー仕上げは、そのデザインと相まってコルト社のアイコンと呼べるモデルとなりました。
タナカはジュピターフィニッシュというヘビーウェイト素材にめっき処理を施す手法で、ブルーイング処理された実銃の仕上げの再現を試みています。









グリップはトイガン用の木製グリップに変更しています(CAROM SHOT製?)。
シルバー仕上げのパイソンはラバータイプでも合いますが、「黒」になると木のほうがよく思えるのはトシのせいなのでしょうか・・・。
基本的にはS&W派なわたしですが、パイソンを手にしているとS&W社にはない魅力を感じて他のモデルにも手を伸ばしてしまいます。








  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[きのうのつづき]