< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2018年08月17日

TOKYO MARUI S&W M&P9 4-1/2inch






今回は、東京マルイの「SMITH & WESSON M&P9 4-1/2inch」のご紹介です。








実銃は、米S&W社がLE向けとして2005年に発表したポリマーオートです。
前回までにご紹介したM&P360とおなじく、かつてリボルバーがデューティー・キャリーの主役の時代にあったマスターピースである「ミリタリー&ポリス」の名を冠したモデルとなっています。
使用弾薬は.9mm×19で、装弾数は17+1発となっています。









トイガンとしては、国内メーカーでは唯一のモデルアップとなりますね。B.W.C.は台湾製のエアコッキングガンを輸入販売していたほか、海外メーカーがガスガンを製作しています。
実銃は法執行機関での採用も増えているようですし、映画などスクリーンでの登場機会もあることを鑑みれば、他メーカーとの競合となってもおかしくないとおもいますが、現在のところ他の国内メーカーでの動きはないようです。









東京マルイではイベントなどで長いことモックアップを展示しており、発売まで時間がかかった印象があります。
製品としては、いかにも東京マルイといった印象で、うまくまとめていますね。
個人的には、フレームのシボ加工がもう少し強くてもよいのではと思っています。
最近発売されたM&P 9L PCポーテッドは未購入ですが、いずれ入手したいものです。









  

Posted by Virna at 23:59Comments(0)東京マルイ [GG]

2018年08月16日

ふたたび華めく







みなさま、こんばんは。
え~、S&Wの迷走と脱却については当ブログでの取り上げております。
ライバルであるコルト社も迷走を深めており、ひとつの成功が継続的な発展とイコールにならないことは自明の理ではあります。
しかしながら、小手先ではない「変革」を行うことによって、新たなる成功を得ることもまた可能となります。
それが失敗を経験してしか得られぬ叡智となれば哀しいことではありますが、それでも一歩でも歩を進めることができるのならばよいことなのかもしれません。
・・・どうも当ブログには似つかわしくない流れではありますが、、明日以降、新生S&Wの新しいアイコンとなる、東京マルイ・Smith & Wesson M&P9をご紹介いたします。お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]

2018年08月12日

WA-base KIMBER GOLD COMBAT RL II のおまけ






本日は、WA・キンバー ゴールドコンバット IIのおまけ写真をお届けします。






▲モデル工房Sさま謹製ヘリンボーンパターングリップパネル
やっぱりカッコよいです







▲チャンバーからリアサイト周りを1枚







▲最後はゴールドコンバット IIと
派手になりすぎない華がありますね



  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[おまけの写真]

2018年08月11日

WA-base KIMBER GOLD COMBAT RL II のつづき






本日は、きのうに続きまして WA・キンバー ゴールドコンバット RL IIのご紹介です。








本モデルは、WAのパーツを集め、刻印とグリップパネルをモデル工房Sさまに、仕上げをあじゃさまにお願いし実現いたしました。
当初は、前回までにご紹介しておりましたゴールドコンバット IIの再現で満足していたのですが、機種の幅を広げる方向に舵を切ってから対となるこちらも再現したくお願いしたのでした。









とくに表面仕上げについては、先のゴールドコンバット IIのイメージも含め、落ち着いたツヤ仕上げにしていただいております。
モデル工房Sさまに作成いただいたグリップパネルと合わせ、全体として派手すぎない色気を感じており、非常に満足感の高いモデルに仕上げていただき嬉しく思っております。






  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[きのうのつづき]

2018年08月10日

WA-base KIMBER GOLD COMBAT RL II






今回は、WAのパーツを組み合わせて作成した「KIMBER GOLD COMBAT RL II」のご紹介です。








実銃は、米キンバー社製1911ファミリーのうち、「CUSTOM SHOP」のカテゴリーに入るモデルとなります。
基本的にはゴールドコンバット II をベースに、フレーム下部にタクティカルレールを装備したモデルとなります。









トイガンとしては、モデルアップされていません。
先述のゴールドコンバット II は、WAから映画プロップをイメージしたモデルが出ていましたので製品化自体は難しくない筈ですが、いまのところアナウンスはありませんね。









本モデルは、WAの「エクスペンダブルズ1911」のスライドにTLE/RL II のフレームと純正パーツを組んで作成したものとなります。
また、こちらもスライドの刻印とヘリンボーンパターンのグリップパネルはモデル工房Sさまに、半ツヤがステキなスライドとフレームの塗装はあじゃさまにお願いしたものです。
WAがモデルアップしないのが不思議なくらい雰囲気のあるモデルだと思います。









  

Posted by Virna at 23:59Comments(0)WA [GG]