< 2018年06月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2007年09月04日

WESTERN ARMS S&W SIGMA SW40F





今回は、ウエスタンアームズの「Smith & Wesson SIGMA SW40F」です。









実銃は、1994年に発売されたS&W初のポリマーフレームオートです。しかし、そのこと以上に、当時米国市場を席巻していたグロックシリーズに酷似していた点から(Gun誌によれば、一部パーツの互換性もあったとのこと)、嘲笑や顰蹙とともに記憶されることになる不名誉な銃であったりもします。









トイガンとしてはWAから発売されました。開発中の雑誌記事ではグロックとともに兄弟機的な扱いで紹介されていましたが、実際にはグロックのほうはモデルガンの金型を持っていたためか、あるいは別の理由からかタナカより発売になりました。
また、発売当初は商標絡みでWA社オリジナルの刻印となっており、なんとなく残念感が漂っていました(今回の記事を書くにあたり、そちらも出してみましたが、やはり残念な感じです)。

さらに、これは致し方のないことですが、ダブルアクションオンリーの実銃の仕様を再現したために、どこか銀玉鉄砲的な「ちゃちさ」が香ってくるような気もします・・・。
そのような訳か、とくにバリエーション等もなく、静かに絶版となってゆくのでした。









が、そのまま消えゆくのかとおもいきや、S&Wとの契約が結ばれてしばらく経ってから、正式刻印となって復活したのでした。
しかし、市場での反応はどうだったのか、いまはまた忘れ去られてますね。いまだ市場在庫も結構あるようなので、人気のほどは推して知るべしといったところでしょうか。個人的には、たまに取り出して構えてみたくなるモデルなのですが。





同じカテゴリー([アーカイブ])の記事画像
FALCON TOY H&K P9S
MGC S&W M659
KSC S&W PerformanceCenter M945
KSC BERETTA M8000 Cougar F
KSC  CZ CZ75 1st
HUDSON BROWNING BABY
同じカテゴリー([アーカイブ])の記事
 FALCON TOY H&K P9S (2007-10-12 00:09)
 MGC S&W M659 (2007-10-09 06:59)
 KSC S&W PerformanceCenter M945 (2007-10-07 09:45)
 KSC BERETTA M8000 Cougar F (2007-08-31 08:00)
 KSC CZ CZ75 1st (2007-08-28 07:50)
 HUDSON BROWNING BABY (2007-06-11 00:00)
この記事へのコメント
これ好きです♪   黒・銀 そろえちゃいましたw
トリガープルは あれなんですけど 高速のブローバックは魅力です☆
グロックより好きだったりしますw
Posted by じょでぃー at 2007年09月04日 00:33
じょでぃーさま、こんばんは。

ダブルアクションオンリーというのは、連射性には劣りますが、ABSスライドの動きの早さは魅力ですよね。まぁ、私はサバイバルゲームはしませんので、連射性等はあまり意味がないのですが・・・。しかし、銀もお持ちとはうらやましいです。以前から狙っているのですが、なかなか「一線」が越えられません。
Posted by Virna at 2007年09月04日 23:07
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。