< 2018年05月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2018年04月08日

TANAKA S&W M360J 1-7/8inch のつづき






本日は、きのうに続きまして タナカ・S&W M360J 1-7/8インチのご紹介です。








実銃はM360をベースに日本警察仕様向けに生産されたバリエーションのひとつとなります。
一部がハンティング用品を扱うディストリビューター経由で米国市場に流れているようですが、ウェブや専門誌を見ても確定的なことは記載されていません。
一方、日本の警察でも拳銃は機密事項扱いになるらしく、詳細は出ていないようです。









タナカではこれまでもM36のバリエーションとしてM37を販売しており、M360J SAKURAをモデルアップするのも、ある意味当然の流れなのかもしれません。
個人的に新規モデルを製作してくれたことはもちろん、Sc、PD、M&Pとバリエーション展開をしてくれて非常にありがたいと思っています。
できれば、今後もKフレームあたりのマスターピースをリニューアルしつつ、最新仕様のリボルバーもモデルアップしていってほしいものです。












同じカテゴリー([きのうのつづき])の記事画像
HWS MAUSER HSc のつづき
TANAKA COLT PYTHON 6inch のつづき
KSC COLT KINGCOBRA 2.5inch のつづき
TANAKA S&W M629 PC FLAT SIDE 3inch のつづき
MGC S&W M586 DISTINGUISHED COMBAT MAGNUM 3inch のつづき
TANAKA S&W M629 8-3/8inch のつづき
同じカテゴリー([きのうのつづき])の記事
 HWS MAUSER HSc のつづき (2018-05-19 23:59)
 TANAKA COLT PYTHON 6inch のつづき (2018-04-20 23:59)
 KSC COLT KINGCOBRA 2.5inch のつづき (2018-04-14 23:59)
 TANAKA S&W M629 PC FLAT SIDE 3inch のつづき (2018-04-01 23:59)
 MGC S&W M586 DISTINGUISHED COMBAT MAGNUM 3inch のつづき (2018-03-24 23:59)
 TANAKA S&W M629 8-3/8inch のつづき (2018-03-17 23:59)
この記事へのコメント
友人の桜田門の社員のS&Wとニューナンブ両方の感想では、
ニューナンブの方がグリップが大きい分、撃ちやすいそうです。
精度は…詳しくわかるような射撃訓練はやってない(できない?)そうです。
なお、数量的にどのモデルが多いのかも管理部門でないとわからないとのこと。
ついでに、署のレベルで装備品としてオートマチックも見たことはないそうです。
KSCのP230JPを見せたら、SP専用だろ?なんて言ってました。
Posted by 事情ゆえとーりすがり at 2018年04月09日 10:23
事情ゆえとーりすがりさま、こんばんは。

貴重な情報ありがとうございます。
精度については、いかにも日本警察らしく思え少々ほっとしました。
現場の方には配備実態がわからないのも「らしい」ですね、
私はそちら方面の知り合いがいないので参考になりました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by VirnaVirna at 2018年04月09日 23:32
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。