< 2018年09月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2018年02月22日

細かな違いが







みなさま、こんばんは。
え~と、実銃ではちょっとした相違点で別モデルとして展開している事例がありますね。
マイナーチェンジや顧客のニーズへの対応、あるいは単なる販売施策として、「似ているけど違う」モデルが生み出されているように思います。
ここ数回トイガン紹介で取り上げているS&Wは、メーカー自身ですら全容がわからないのではというくらい多くのモデルをラインアップに加えていた時期がありました。

トイガンに目を移せば、細かな仕様の違いを再現することは、ひとつの型で多くのバリエーションを生み出せるメリットがある反面、メーカー、店舗ともに在庫を抱えるリスクが発生する恐れがあります。
個人的な趣向としてはその細かな違いにある種の魅力を感じたりするのですが、そのあたりは自分でパーツを取り替えたり、あるいはあじゃさまにお願いしたりして楽しんでいます。
そういった背景を踏まえれば、タナカのJフレームのバリエーション展開は比較的幅広いモデルをラインアップに加えてくれており、非常にありがたいと思っています。

というわけで、M360バリエーション紹介は一旦お休みし、明日からJフレームバリエーションのひとつ、タナカ・M422 センチニアル エアーウェイトをご紹介いたします。お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。





同じカテゴリー([閑話休題])の記事画像
気高き猛禽
穴埋め別撮写真
背景の背景的な話
ある到達点
趨勢は絶えず変化して
イノベーションを起こす
同じカテゴリー([閑話休題])の記事
 気高き猛禽 (2018-09-20 23:59)
 穴埋め別撮写真 (2018-09-15 23:59)
 背景の背景的な話 (2018-09-13 23:59)
 ある到達点 (2018-09-06 23:59)
 趨勢は絶えず変化して (2018-08-30 23:59)
 イノベーションを起こす (2018-08-23 23:59)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。