< 2018年09月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2018年02月10日

TANAKA S&W M360SC 1 7/8inch のつづき






本日は、きのうに続きまして タナカ・S&W M360 SC 1 7/8インチのご紹介です。








実銃は銃器用新素材を積極的に取り入れる米S&W社が開発した小型リボルバーとなっています。特徴としては、各パーツに異なる素材を採用し、小型軽量ながら.357マグナムへの対応を実現した点にあります。
素材の違いは塗装による再現ですが、最近の実銃の雰囲気をよく出していると思います。
しかしながら、このサイズで.357マグナムを撃つという行為は、ちょっとコワイですね。









タナカのリボルバーとしては、各パーツや刻印をリアル化した所謂Ver.2モデルのラインアップ後に製作されたものであるため、おおむねリアルな仕上がりとなっております。
個人的には、艶消しで落ち着いた質感の塗装も相まって、小さいながらも満足のいくモデルとなっています。
なお、元々はアンクルマイクス製のブーツタイプラバーグリップを模したものが付いていました。これはこれでよくできているのですが、手持ちのホーグ製「BANTAM」に変えております。









同じカテゴリー([きのうのつづき])の記事画像
WA-base KIMBER GRAND RAPTOR II のつづき
WA KIMBER RAPTOR II のつづき
CAW GLOCK 18(GEN2) のつづき
TANAKA GLOCK 17(GEN2) のつづき
TOKYO MARUI S&W M&P9 4-1/2inch のつづき
WA-base KIMBER GOLD COMBAT RL II のつづき
同じカテゴリー([きのうのつづき])の記事
 WA-base KIMBER GRAND RAPTOR II のつづき (2018-09-22 23:59)
 WA KIMBER RAPTOR II のつづき (2018-09-08 23:59)
 CAW GLOCK 18(GEN2) のつづき (2018-09-01 23:59)
 TANAKA GLOCK 17(GEN2) のつづき (2018-08-25 23:59)
 TOKYO MARUI S&W M&P9 4-1/2inch のつづき (2018-08-18 23:59)
 WA-base KIMBER GOLD COMBAT RL II のつづき (2018-08-11 23:59)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。