< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2018年01月07日

AJA-ARMORY COLT WHITETAILER






今回は、あじゃさまに製作していただきました「COLT WHITETAILER」のご紹介です。








実銃は、米コルト社製作のハンティング向けリボルバーです。MK-Vフレームを採用してモデルのひとつで、端的に言うとピースキーパーをベースに8インチ銃身としたモデルで、バーリス社の1.5×~4×のスコープがセットとなっています。
1980年代以降に広まったハンドガン+スコープという組み合わせの先駆者はコルト社の「パイソン・ハンター」になるようですが、本モデルはその普及版として再設定したものと言えそうです。
外観は先述のとおりピースキーパーと同様でマットブルーフィニッシュで仕上げられています。グリップはパックマイヤー製のラバーグリップを装備。プラスチック製のケースに前述のスコープが同梱されており、500丁の限定モデルだったそうです。
なお、この後に「WHITEAILER II」が同じく限定で販売されています。









トイガンとしては、MGC(新日本模型)がMK-IIIベースで限定販売していたそうですが、残念なことに遭遇したことがないため詳細は不明です。
KSCのMK-Vシリーズとしては、キングコブラ、ピースキーパー、トルーパーMK-Vがモデルアップされています。しかしながら、みなさまもご存じのとおりKSCの説明書の解説ページにあった、ローマンMK-Vやホワイトテイラーは製作されておりません。









実銃はGun誌で記事になっていますね(88年5月号)。残念ながらお世辞にもよいレビュー内容ではありませんでしたが、個人的には印象的なものでした。なんというか、この時代の雰囲気を感じられるモデルにおもわれました。
このため、グリズリー、ホワイトテイラー II、ローマン MK-Vに続き、あじゃさまに製作をお願いしました。
素人考えでも長銃身モデルというのは繊細な作業が要求されることがわかりますが、仕上がりは本当に素晴らしいもので、これでMK-Vの旅も一区切りを付けることができました。













同じカテゴリー(AJA-ARMORY [MG])の記事画像
AJA-ARMORY S&W M25-2 6 1/2inch
AJA-ARMORY COLT LAWMAN MK-V
AJA-ARMORY COLT WHITETAILER II
AJA-ARMORY COLT GRIZZLY
同じカテゴリー(AJA-ARMORY [MG])の記事
 AJA-ARMORY S&W M25-2 6 1/2inch (2018-02-02 23:59)
 AJA-ARMORY COLT LAWMAN MK-V (2017-12-30 23:59)
 AJA-ARMORY COLT WHITETAILER II (2015-09-06 23:59)
 AJA-ARMORY COLT GRIZZLY (2014-10-20 23:59)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。