< 2018年07月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2018年07月06日

WA KIMBER CUSTOM CDP II






今回は、WAの「KIMBER CUSTOM CDP II」のご紹介です。








実銃は、米キンバー社製造の1911ファミリーのうち、「CDP II」のカテゴリーに入るモデルとなります。
キンバー カスタムショップ謹製セルフディフェンス向けピストルで、マッチ仕様のバレルにアルミ製トリガー、アンビ仕様となったサムセフティが奢られています。
最大の特徴は、エッジを落とされたスライド(ステンレススチール)/フレーム(アルミニウム)をツートンに仕上げている点で、非常に華やかなモデルとなっていますね。
ちなみに、モデル名のCDPは「Custom Defense Package」の頭文字を取ったものとなっています。









ガスガンとしては唯一、モデルガンではB.W.C.がモデルアップしています。
WAからキンバーの一連のモデルがラインアップに加わった時に、もっとも待望されたモデルではなかったかとおもいます。また、やはり人気があるようで、最初のモデルアップから数度の再販がされていますね。
個人的には、武骨なカスタム TLE IIはもちろんのこと、本モデルのような色気のあるモデルも揃えているところがキンバーの魅力かなと考えています。









と言いつつ、その昔はツートンモデルというのは色気を狙いすぎているようにおもわれて、やや苦手でした。が、いまは、手にしてカッコイイな~なんてニヤついているのですから現金なモノですね。
スナッグフリーでプロのツールといった仕様を採用していながら、パーツをツートンに配置することで色気を醸し出しているあたりが魅力なのだとおもいます。














同じカテゴリー(WA [GG])の記事画像
WA-base KIMBER CUSTOM COVERT II
WA-base  KIMBER ECLIPSE TARGET II
WA  KIMBER ECLIPSE CUSTOM II
WA-base KIMBER WARRIOR SOC
WA KIMBER DESERT WARRIOR
WA-base  KIMBER TACTICAL ENTRY II
同じカテゴリー(WA [GG])の記事
 WA-base KIMBER CUSTOM COVERT II (2018-07-12 23:59)
 WA-base KIMBER ECLIPSE TARGET II (2018-06-15 23:59)
 WA KIMBER ECLIPSE CUSTOM II (2018-06-09 23:59)
 WA-base KIMBER WARRIOR SOC (2016-08-24 23:59)
 WA KIMBER DESERT WARRIOR (2016-08-19 23:59)
 WA-base KIMBER TACTICAL ENTRY II (2016-07-08 23:59)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。