< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2016年08月23日

旅路の転換点







みなさま、こんばんは。
え~、以前の記事にも書いておりますが、いまご紹介しておりますキンバー1911ファミリー再現の旅路を始めたのはタクティカルエントリー IIを再現したいという思い付きでした。
その思い付きのもとにパーツを集めたりしていたのですが、その一歩先に踏み出す契機となったのは、いまはなき「Gun Magazine」誌での記事でした。
この頃には特徴的な本体色への違和感もありませんでしたので、精悍さを感じさせる外観に魅了されたのですね。そして、特徴的な外観ではありながら、刻印と本体色をなんとかすれば再現できるのではと考えたのでした。
というわけで、明日以降、写真手前のWAベース・キンバー ウォリアー SOCをご紹介いたします。お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。



同じカテゴリー([閑話休題])の記事画像
カスタムショップという栄光
ヘリンボーンパターン
源流に遡って
栄光の名を継ぐもの
ここでとどまる旅路では
尾を踏まば頭まで
同じカテゴリー([閑話休題])の記事
 カスタムショップという栄光 (2018-08-09 23:59)
 ヘリンボーンパターン (2018-08-02 23:59)
 源流に遡って (2018-07-26 23:59)
 栄光の名を継ぐもの (2018-07-19 23:59)
 ここでとどまる旅路では (2018-07-17 23:59)
 尾を踏まば頭まで (2018-07-11 23:59)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。