< 2017年04月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2016年08月18日

いまとなれば







みなさま、こんばんは。
え~、わたしがトイガン趣味をはじめた頃は、銃の「色」と言えば、「黒、銀(そしてトイガンでは金)+茶色」といったイメージでした。これは銃本体とグリップパネルの色のイメージですね。
現在はポリマーオートの広がりにより、銃本体にもオリーブドラブ、フラットダークアースという「妥当」な色から、ピンクのようなやや奇抜な色まで、多彩な色合いが使われていますね。また、グリップパネルも木や単なるプラにチェッカリングではなく、素材も色も多様化していますね。
20年前には、このような時代が来るなどまったく想像していませんでした。いまは、こういうのもよいかね~と思ってしまうあたりは、現金なものではあります。
つぎにご紹介するモデルは、いまとなればフツーの色合いながら、個人的に手にした当初にはやや違和感を覚えていたモデルで、本体色の広がりを感じたモデルとなります。
というわけで、明日以降、写真手前のWA・キンバー デザートウォーリア/キャリーメルトトリートメントをご紹介いたします。お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。




同じカテゴリー([閑話休題])の記事画像
新年あけましておめでとうございます
今年最後のご挨拶
旅路の転換点
きょうのちら見せ
旅路の原点
タクティカルモデルとしての解答
同じカテゴリー([閑話休題])の記事
 新年あけましておめでとうございます (2017-01-01 12:00)
 今年最後のご挨拶 (2016-12-31 23:59)
 旅路の転換点 (2016-08-23 23:59)
 きょうのちら見せ (2016-08-16 23:59)
 旅路の原点 (2016-07-07 23:59)
 タクティカルモデルとしての解答 (2016-07-01 23:59)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。