< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2016年06月16日

もうひとつのスタンダード







みなさま、こんばんは。
早速ですが、前回までにキンバー1911の一里塚として、カスタム TLE IIをご紹介いたしました。カスタム TLE IIは、今日のキンバーの一連の1911ファミリーを語るうえで外せないモデルではありますが、本来であれば記念すべき第一歩を踏み出したモデルを先にご紹介したいところでした。
しかしながら、そのモデルはおよそトイガン化には恵まれておらず、おそらくは今後もトイガンとしてラインアップは望めないことから、あじゃさま、モデル工房Sさまにお願いをし再現をしていただきました。
というわけで、明日以降、キンバー1911シリーズの開祖、写真手前のWAベース・キンバー カスタム II(2トン)をご紹介いたします。お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。




同じカテゴリー([閑話休題])の記事画像
漂う風格
あのドキムネの頃の
桜の季節でもありますので
フラットサイド
タイトルどおりではありますが
長銃身というロマン
同じカテゴリー([閑話休題])の記事
 漂う風格 (2018-04-18 23:59)
 あのドキムネの頃の (2018-04-12 23:59)
 桜の季節でもありますので (2018-04-06 23:59)
 フラットサイド (2018-03-30 23:59)
 タイトルどおりではありますが (2018-03-22 23:59)
 長銃身というロマン (2018-03-15 23:59)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。