< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2009年04月15日

HWS COLT TEXAS PATERSON







今回は、ハートフォードの渾身の作品「COLT TEXAS PATERSON」のご紹介です。








テキサス・パターソンは、米コルト社の創設者であるサミュエル・コルトが1836年に製造を開始した、「銃器史上最初の量産リボルバー」であるパターソンモデルのバリエーションのひとつです。
その最大の特徴は、通常はトリガーがフレームに収納され、ハンマーを起こすと飛び出すという「シーストリガー・システム」にあります。写真をご覧いただくと一目瞭然ですが、トリガーが収納された姿というのも不思議なものがあります。









トイガンとしては当然唯一のモデルアップとなります。
図面はおろか、現存する実銃自体がなかなか取材できそうにないなかでのモデルアップは快挙といえるのではないかとおもいます。
できるかぎり「実物のパターソンに忠実に」を主眼に製作されたとのことで、そのこだわりようには感心させられます。
また、本モデルは'96年に製作が発表され、12年の時を越えて製品化されたという点も非常に感慨深いものがあります。









本モデルは、ハートフォード東京店限定として製作された「アップグレード・モデル」となっています。
通常モデルとの変更点としては、フレーム、バレルに特殊表面処理が、さらにバックストラップやクラシカル・レンチ、ルーフプレート、ウエッジにはケースハードゥン仕上げが施されています。また、クラシカル・レンチ、ルーフプレート、ウエッジの3点には、焼入れの際に牛の骨をまぶすという実銃と同様の方法が採られているということです。
まさしく、こだわりにこだわったモデルガンといえますね。















同じカテゴリー(HWS [MG])の記事画像
HWS S&W .38 MILITARY & POLICE Model of 1905 2inch
HWS MAUSER HSc
HWS S&W M15 COMBAT MASTERPIECE 2inch
HWS S&W VICTORY MODEL
HWS REMINGTON DERRINGER
HWS REMINGTON NEW MODEL ARMY
同じカテゴリー(HWS [MG])の記事
 HWS S&W .38 MILITARY & POLICE Model of 1905 2inch (2018-07-27 23:59)
 HWS MAUSER HSc (2018-05-18 23:59)
 HWS S&W M15 COMBAT MASTERPIECE 2inch (2018-03-02 23:59)
 HWS S&W VICTORY MODEL (2008-08-09 23:59)
 HWS REMINGTON DERRINGER (2008-07-09 23:59)
 HWS REMINGTON NEW MODEL ARMY (2008-01-09 23:59)
この記事へのコメント
ぐ、アップグレード・・・ノーマルさえまだ買っていないんですが・・・いいなぁ~。
Posted by So-Sui at 2009年04月16日 08:15
So-Sui さま、こんばんは。

わたしもノーマルは買えてないです・・・。ぜひ欲しいんですけどね~。
ショートバレルモデルも出るようですが、ちょっと資金的に追いつけないです。
でも、このモデルガンはよいですよ~。おすすめです~!
Posted by VirnaVirna at 2009年04月16日 23:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。